漫画『あかね色の風 -新選組血風記-』感想

あかね色の風 (集英社文庫(コミック版))

あかね色の風 -新選組血風記- /車田 正美

聖闘士星矢の原作を買い集めている時に見つけたのがこの作品。車田先生が新選組の作品を描いていた事を知り、車田絵にも慣れたし、新選組好きとしてはスルー出来ないなと思って読んでみました。

 

主人公は沖田総司。
凄く爽やかな青年に描かれており、優しくて人を斬るのが嫌いなの。

もうこの時点で凄く新鮮ww

だって「薄桜鬼」の沖田くんはすぐに斬りたがるでしょ?ww
「幕末恋華 新選組」の沖田くんはCV的にどう見てもカ●ルくんでしょ?www

こんな感じで私が今までに出会った新選組作品の沖田くんは、天才剣士=戦闘狂に描かれてることが多かったから「あかね色の風」の沖田くんは凄く可愛かった!(めっちゃ美形だしw)

 

沖田総司といえば「菊一文字」と「労咳」ってキーワードが思い浮かぶけど、これらを“そう繋げましたか!”って感じでネタバレになるので詳しくは言いませんけどw

純粋に時代物って感じなので、聖闘士星矢みたいなノリを期待すると裏切られるけど、新選組モノとしては普通に面白かったです。

 

ちなみに車田先生の聖闘士星矢ではキャラが美形揃いですが、この作品では美形に描かれてるのは、沖田・土方・新見くらいで、他のキャラデザはヒ(ry

後半になれば、そこそこカッコイイ桂や以蔵も出てきますけどね。
主要キャラとそうでないキャラの差がハッキリしてますw

 

土方さんは…どの作品でもブレないなぁ。
ここでも凄い色男っぷりですよwww
(青年誌向けのせいか、ちょっと描写もオトナ向けなものがチラホラと…)

薄桜鬼でも石田散薬の扱いヒドいけどさぁ、この作品はもっとヒドいぜww
芹沢さんは…超悪人面で「風雲 新撰組」を思い出したww

てか、今のところ薄桜鬼だけなんだよ、芹沢さんをカッコ良くイイ感じに描いた作品に出会ったのは。だから、世間の芹沢さんのイメージってやっぱ悪人なのかなって思ってるし、驚きはしないけど……でもこの芹沢さんはヒドいわww

 

多摩〜池田屋までしか描かれてないのが残念だけど、新選組の運命を考えるとここで止めておくのが良いのかなぁ。あのラストだと総司がどんな最期を迎えるのか大体想像付くし……。

でも、ファンタジー要素もあったので、あの続きもちょっと読んでみたい気もする。

好青年タイプの総司が出てくる作品は他にもあるけど、中でも車田先生が描いた総司はとても可愛かったので…星矢のような熱い車田節を求めてる人にはおススメできないけど、個人的にはこの作品好きだなぁ(*´ω`*)