小説『新選組血風録』感想

新選組血風録 新装版 (角川文庫)

勢いあまって(?)文庫「新選組血風録」も読んでみました。

てか、司馬先生の書き方、読み易いです。私には合ってる気がします。これなら「竜馬がゆく」も読めそうな、でも長いのでご遠慮したいような…。大人って時間が足りなくて、嫌。w

 

「新選組血風録」は新選組に関するエピソードの短編集で、土方さんメインのお話は無いけど、全編に土方さんは出てくるし、各話ごとに主人公が変わるので、いろんな隊士の視点から「新選組」というものを知れてとても興味深く面白かったです。

中でも「沖田総司の恋」は人気のあるエピソードなだけに、総司の儚い片思いが微笑ましかったと同時に土方さん好きとしては、豊玉さん降臨に思わずニヤリとしてしまいました。やっぱ「薄桜鬼」プレイ中、他ルートでも土方さんに反応してしまうように、他の「新選組」ものでも土方さんを探してしまうらしい。w

ちなみに「四斤山砲」という話では永倉新八も出てきますが、彼の記憶のいい加減っぷりというか曖昧な感じが「薄桜鬼」の新八っつぁんに通じるものがあって、やっぱ、”新八っつぁん”は”新八っつぁん”なんだなぁと思ってしまいました。w