新選組副長・土方歳三の命日

日付変わって、5月11日。
本日は、新選組副長・土方歳三の命日。

いつも思うのですが、誕生日(5月5日)を迎えて直ぐに戦死って、切ないというか儚いというか…当時は誕生日を祝う習慣が無かったので、関係ないのかもしれませんが何となく、ね。

 

史実の土方さんも好きで、そのきっかけでも語ろうかと思ったけど、言いたいことは去年書いてたから省略(笑)

まぁ、好きと言っても、まだ勉強中の身ですからね。
分からない事だらけです。まだまだ謎も多いです。

何より、実際に会った事も無い方を「好き」と宣言して良いものかどうか、そういう葛藤も最初はありました。結局、言い伝えによるイメージでしかないのでね。

でも、鬼と呼ばれた一方で、下手な俳句を残してたり(笑)、他にも色々なエピソードを聞いてると、とても興味深い人物だなぁと思います。何より、歴史に興味が無かった自分が、歴史上の人物にここまで惹かれてる時点で、多分「好き」なのだろうと思います。その程度です。

 

Twitter上では、土方クラスタたちが黙祷を捧げておりましたが、薄桜鬼の土方さんの画像を貼るのはどうなのかなぁと、ちょっと違和感を感じたり。間違っては無いんだけれどね。なんていうか…その…

私の中では、薄桜鬼の土方さんは千鶴と暮らしてることになってるからね。
(あれ?ってことは、どちらかというと風間の命日になるのか…?(゚ロ゚;)

今日は、あくまでもそのモデルとなった、史実の土方副長の命日ですから。実在した方ですから。命懸けで最後の最後まで戦い、そして戦死した方ですから。それに史実派の人って二次元派の人を良く思ってないじゃないですか(苦笑)

だから、行動は慎重にね…うん。

間違ってもマヨネーズは供えないでください(苦笑)
それ、違う人ですから。死んでませんから(苦笑)

 

今日は、箱館(函館)のどこかで眠っているのであろう土方副長の事を想いながら、静かに過ごしたいと思います。