討伐録「斎藤と師走の大掃除」【GREE版 薄桜鬼プレイ記】#24

薄桜鬼 討伐録 第二弾
2011/12/22〜2011/12/31

GREE版薄桜鬼、最近システムがリニューアルしたけど、不具合出まくりで、ちょっとテンション下がってました。苦笑

てか、やばい。
もうすぐ2月のイベント始まってしまう(;´Д`A “`

ちょっと急ぎ足で、以下、大掃除イベント斎藤ルートのネタバレ。

 

●斎藤と師走の大掃除(桜)

<第一話>

師走の月、局長の命で新選組屯所を大掃除することに。

 

<第二話>

千鶴は、他の隊士たちに手伝うことはあるかと申し出るが、皆、助けは不要だと断られてしまう。このまま誰の役にも立てないままなのか、と落ち込んでいると、雑巾片手に廊下を拭き掃除している斎藤さんの姿を発見。

 

<第三話>

斎藤さんに手伝いを申し出る千鶴。だが…

「いや、手は足りている」

斎藤さんは、千鶴に冷たい拭き掃除をやらせるのも酷だと思い、気を使ったつもりだったのだが、千鶴は、ここでも自分が必要とされてない感じ、落ち込んでしまう。

「どうした?そんなに落ち込む事も無いだろう」

千鶴が事情を説明すると、斎藤さんは少し考え込み・・・

「手は足りているが、見ていたければ構わぬ」

千鶴は、意外な応え方に戸惑いつつも、自分の居場所を作ってくれたのだろうと考え、斎藤さんが掃除するところを見ているのだった。

 

<第四話>

桶に汲んだ水で雑巾を洗って絞り、廊下を雑巾がけする斎藤さん。
その姿をただ見ているだけというのも流石に辛い。

そこで、千鶴は雑巾絞りくらいはやらせて欲しいと申し出るのだが、

「いや、それには及ばない」

千鶴は斎藤さんから雑巾を奪おうとしたが、斎藤さんはそれを避けようと身をよじる。その時に斎藤さんの手に触れてしまい、千鶴は気付いた。斎藤さんの手が想像以上に冷たかったのだ。

 

<第五話>

千鶴は、自分に水仕事をさせまいと、気を使ってくれたのか問うも、

「そのようなことはない。たまたまだ」

ぎこちなく、そう答える斎藤さん。
だが、その態度で千鶴はやはりそうなのだと確信する。

 

<桜END>

そこで千鶴は、斎藤さんに少し待ってて欲しいと言い残し、勝手場へ。勝手場からお茶を持って戻ってくると、斎藤さんの掃除もちょうど終わったところだった。

「あの、休憩しませんか?」

「ああ、すまない」

縁側に座り、二人で一緒にお茶を飲む。
ほっと一息つきながら、千鶴はお茶の味を尋ねると・・・

「いつも美味いが……そうだな、いつもよりずっと美味く感じる」

その後も、千鶴に掃除をさせなかった理由を尋ねても、斎藤さんは決して語ろうとはしなかった。

でも、この穏やかで緩やかでに流れる空気が、代わりに答えてくれているような気がする千鶴だった。

(了)

 

斎藤さんのシナリオもいい感じですね。
他のキャラをやればやるほど・・・

副長のシナリオが残念に思えてくる。(´・ω・`)