限定イベント「風間と秋のある一日」【GREE版 薄桜鬼プレイ記】#20

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
GREE版 薄桜鬼「秋のある一日」
開催期間:2011/11/1〜2011/11/14
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

11月の期間限定イベント。風間編です。

以下ネタバレ。

 

 

●風間と秋のある一日

<第一話>

ある日、千鶴と島田さんは、土方さんの頼みで墨と筆を買いに町へ出かける。その帰り道、大の甘党の島田さんは菓子屋を見つけ・・・

「お店、寄りましょうか?」

「しかし、俺は護衛役です。菓子を選んでいる間、雪村君から離れてしまってはいけませんから」

どうやら島田さんは、お菓子が目に入ると、他のものは一切目に入らなくなってしまうらしい。w

でもせっかく通りかかったのだから、お菓子を買いたい様子。

 

<第二話>

千鶴の提案で、島田さんが菓子を選んでる間、向かいの茶屋で待っていることに。菓子屋の向かいにある茶屋は繁盛しているし、人が多いからむしろ安全だと思ったのだ。

「すみません、お言葉に甘えさせてもらいます」

 

<第三話>

向かいにある茶屋へ入る千鶴。
席に付くと、まだ注文していないのに、すかさずお茶が出て来た。
千鶴が不思議に思っていると、お店の人が・・・

「そちらのお客様からです」

その視線の先に居たのは・・・

「奇遇だな」

風間千景だった。(出た!ストーカー(笑))

敵の登場に思わず身構える千鶴。
この状況を島田さんに知らせようとする千鶴だったが・・・

 

<第四話>

島田さんは菓子選びに夢中で、茶屋の方を見ようともしなかった。
しかも風間の席は死角に隠れていて、島田さん側からは見えない位置。
下手に動くより口頭で島田さんを呼ぼうとした、その時、

「やめておけ」

風間が口を挟む。

「京の街の治安を守る新選組が、率先して騒ぎを起こすなど、あってはならぬことだろう。まあ、俺の戦う姿が見たいというなら、好きにするといいがな」

「俺は茶屋でただ、茶を飲んでいるだけなのだが……それがそんなに悪いことなのか?」

風間の言う事は最もで、何も言い返せなくなる千鶴。

「おまえが下手に動かなければなにもしない」

警戒しつつも、風間の言葉を信じる千鶴だった。

 

<第五話>

いつものように千鶴をからかって遊ぶ、Sな ちーさま。w
しかもちょっとご機嫌である。

「しかし、こうして偶然会えたところを見ると、やはり俺とおまえは敷かれあう運命か」

顔を赤くしながらも否定する千鶴。w

「まぁ、こうしてお前と昼日中から逢瀬ができるのだ。楽しくないわけがない」

風間がこの状況を楽しんでいるような表情を見ていると、悪い人に見えるような、見えないような…

そんな気持ちになる千鶴だった。

 

<誠END>

ただ早く時が過ぎるように、と祈っていた千鶴。
そしてようやく、島田さんが千鶴を探す声が聴こえてきた。
すると千鶴が返事をするよりも早く、風間が席を立つ。

「やれやれ、相変わらず空気の読めぬ連中だ」

風間が立ち去ると、島田さんがようやく千鶴の居場所に気付く。

「ああ、ここにいましたか。姿がみえないので肝が冷えましたよ」

身の安全を確認した千鶴は、島田さんと一緒に大きく息を吐くのだった。

 

<桜END>

あれからどれくらい時間が経ったのか・・・
風間は千鶴が何を言っても上機嫌だった。

「ふむ、この店の干し柿は悪くない」

「お前も食べてみろ」

が、千鶴の返事を待たずに、席を立つ風間。

「ではな」

「え……?」

「そろそろ四半刻、おまえのお目付け役もじきに戻ってくるだろう」

それだけ言い残して風間は去って行った。
千鶴は、目の前に残された干し柿を手に取りかじる。

「あまい……」

その時、菓子屋から島田さんが千鶴の元へ戻ってきた。
そして皿に載った干し柿を見ると・・・

「おや、干し柿ですか……知っていますか?干し柿に使う柿は甘柿よりも渋柿の方が甘いんですよ」

「そうなんですか?」

「ええ。干すと渋みが抜けるんです。渋みがあるおかげでわかりづらいですが、本来は渋柿の方が普通の柿よりも甘いんですよ」

「渋みを抜くと、渋柿の方が甘い……」

千鶴は、皿の上の食べかけの干し柿を見ると、干し柿と風間が、どこか重なって見えるような気がするのだった。

 

 

俺様で、Sで、上から目線で、こんな人(てか鬼だけど)、実際に居たら絶対に好きにならないんですが、w

何故か、ちーさまだとアリなんですよね。不思議です。ww

本編だと、千鶴の事は口実で、新選組の方に執着してるので、あれなんですけど、こういう番外編だとストーカーっぷりを発揮してくれるから、彼は面白いですよ。www

しかも千鶴の事は新選組の目の前で奪う事を目的としてるので(なんて悪趣味ww)意外と二人きりの時は安全というかね、最終的にはちゃんと帰してくれるからね。w

まぁ、狙われてる本人的には怖いだろうけど。w

 

ってことで好きです。ちーさま。

初めて薄桜鬼をプレイした時、(何故か)ちーさま√に行ってしまったからね、どんなに極悪っぷりを発揮されてもキライになれないんです。w