堂島の龍を呼んでこい【龍が如く7 プレイ記】#37

「第十章 恩威並行を忘れず」に突入。横浜流氓でクーデター発生。春日たちは趙を助けに行く決意をするのだが…。え?虎!?大阪城…うっ、頭が…!w

※以下、ネタバレ注意

第十章 恩威並行を忘れず

小笠原への尋問により答え合わせが完了。てか、小笠原は出番的に完全に説明係って感じでした(苦笑)。こんなにベラベラ喋っちゃったら…ねぇ…消されるのも時間の問題ですわ。

星龍会のクーデターは高部のカシラが押さえ込んだものの、横浜流氓の馬渕が起こしたクーデターは未だ収まらず、趙と連絡が取れない状態になっていた。春日と異人三に仲間意識が芽生えた結果、春日一行は趙を助けに行く決意をする、のだが…。

喜ばしいことなんだろうが、この説明台詞だけで再会のシーンは一切無く、弟さんの姿が一切出てこないので、なんか実感が湧かない(苦笑)荻久保豊みたいに写真だけでも作れなかったものかね。

今まで命がいくつあっても足りないような危険なことに沢山巻き込まれて来たからか、ナンバさんは心配してくれてるようだ。個人的な目的があったとはいえ、これだけ濃厚な時間を一緒に過ごしてたら情は生まれるよね。てか、春日ってイイ奴過ぎて、出会ったら絶対トモダチになりたいタイプだよね。

春日には自分のようになって欲しく無い。それだけ春日のこと好きなんだよね?本当にどうでも良かったら、わざわざ引き止めに来ないもんね??ナンバさんも何気に良い人なんだよ。

でも、もう見て見ぬ振りできない段階まで来ちゃったんだよね…。

春日って精神年齢低そうに見えて、相手の気持ちをちゃんと理解できてる所はオトナだなァと思います。そして一度、仲間認定したら決して見捨てないところが、彼の良い所であり魅力でもあります。

結局、まだ戻ってこないんかーい!w

ということで、ナンバさん復帰はもう少し先になります。その代わり・・・

ソンヒさんはコミジュルに戻るので加勢はできませんが、その代わりにハン・ジュンギが加勢してくれることに!正直、ここまではハン・ジュンギにそれほど興味を抱いていませんでしたが、実際に彼が戦う姿を見て惚れました(爆)ちょっとテンション高い感じがイイw 今では結構お気に入りです。

なんてこったい。

相変わらず、お前はチョロいなw

どうやら趙は馬渕に監禁・拷問されてるようです。状況はかなり悪い。早速、監禁されているというお店に向かいます。しかし出迎えてくれたのは…

今すぐ堂島の龍を呼んでこい!w

龍2で桐生チャンも虎二頭と戦ってたけどさァ、春日もその洗礼を受けなきゃいけないわけ!?龍が如くの主人公は辛いな、ヲイww

こんなバトルを楽しめるのは『龍が如く7』だけ!w

じゃあ、虎を出すな!w

ここで元ボクサーの極道・天童陽介が登場。後に色々やらかしてくれるので、敵対キャラの中では石尾田より天童の方が存在感はありましたね。

春日たちは桐生チャンと違ってスーパーマンではないので(苦笑)、連戦に耐えられるだけの体力がなくヘトヘトに。しかし、そこへ救世主が現れる。

祝・ナンバさん、復帰!!

ナンちゃん、オイシイところを持って行くねぇ。コミジュルで助けられた恩を返す時がきたようだ。

ナンバさんの心も見て見ぬ振りが出来ない所まで来ちゃってた、ってことですな。

感動の再会中、近江もちゃんと待ってくれてるの律儀ですよねw

桐生チャンと違って、仲間と力を合わせて戦うのが春日流。桐生チャンが仮面ライダーなら、春日たちは戦隊ヒーロータイプなのだ。仲間が揃って初めて真の力が発揮されるのだ。

©SEGA