感謝の気持ち【龍が如く3 プレイ記】#27

「十章 男の決着」の続き。アサガオ関連のトラブルはまだまだ続く。そろそろ沖縄に戻ってきた目的忘れそう(爆

 

※以下、ネタバレ注意

 

 

遥の次にお姉さんな綾子。
面倒見が良く、嫌って言えない性格なんだろうな。
泉に強請られて、しぶしぶなけなしのお小遣いをあげてしまいます。

てか泉よ、自分のお小遣いはどうした?

 

次は志郎。お前の担任がクソ教師なのは知ってるよ!(爆

 

本当に面倒見が良いなぁ、綾子は。
てか、あの担任は教師向いてないのでサッサとクビにして欲しい(爆

 

綾子のことが心配になった桐生チャンは、遥に相談してみます。
てか、相談相手が遥だけって…もう完全に夫婦。
これはもう養護施設を経営してる夫婦って感じ。

 

遥「私も何かあったら言ってねって いつも言ってるんだけど……
  綾子ちゃん、責任感強い子だから自分からは言えないんだろうなあ……
  それに……」

 

遥「私の見えないところで、みんな綾子ちゃんにたくさん甘えてるんだろうなぁ……って思うよ」

遥はアサガオのお姉さんを通り越して、マジでオカン的存在なんだなw

 

そして翌日……

 

はぁ!?(#゚Д゚)怒

いや、いやいやいや、マメのおもちゃの代金としてあげたお金なんだから、目的のものが買えなかったらお金を返すのが道理じゃないのか?まぁ、もらったもの=私のもの=何に使うも自由なのかもしれないが…詐欺みたいでモヤっとするなぁ。てか泉みたいな子、苦手や…。

 

今度は逆ギレかよ…。
そんなこと自分で確認しろよ。
何でもかんでも頼りすぎだろ…。

 

我慢の限界で、思わず家を飛び出してしまう綾子…。

 

綾子だって人間なんですよ。
感情があるんですよ。
何でもやってくれる都合のいいアンドロイドじゃないんですよ。

ってことでお説教タイムへ。

 

そして、家出した綾子を街で見つけたものの、帰りたくない綾子は再び逃げ出してしまう。

 

ここで綾子と追いかけっこになるのだが、四代目を息切れするまで追い込むとは、綾子なかなかやりおるww

 

やっぱ意思表示って大事だなって思った。
本当は辛いんだって気持ちも、感謝してるって気持ちも。
気持ちを伝えることで気づく事って、いっぱいあるはず。

 

これでアサガオがひとつになれました。
よかったよかった。

 

すると今度は、病院に検査に行っていた名嘉原がアサガオに戻ってきました。
てか、事務所でゆっくりしてれば良いのに。
どう見たって自由に出歩いて良い怪我の具合じゃないよ。

 

そして・・・

 

田宮からの連絡がやっときました。
當眞は初町へ飲みに出かけたらしいので、桐生チャンもその店へ向かうことに。

これでやっと物語が進展するよw

©SEGA