咲を探せ【龍が如く3 プレイ記】#8

「三章 権力来襲」の続き。琉道一家の事務所に到着すると、力也の報告通り名嘉原が酒に溺れ荒れていました。

 

※以下、ネタバレ注意

 

 

すっかり拗ねちゃってますね・・・

 

桐生さんの前でソレを言うのは・・・(苦笑
それに極道と言っても、琉道一家は何気に地元の人たちに愛されてるからなァ。

 

風間さんね・・・龍2の冒頭では風間さんの最期の告白(実の両親を殺したこと)に苦しんでる部分はあったけどね。それでも、やっぱり桐生さんにとっては風間さんが親であり尊敬してる人で、そこは一生ブレないんだろうな。

 

桐生さんの言葉に耳を傾けるものの、すっかり自信を無くした名嘉原は、それでも咲を迎えに行くことを躊躇するのであった。

 

桐生「分かった 俺が咲から話を聞いてやる」

名嘉原「え!?なんでお前さんが……」

桐生「俺もな あんたと一緒でーー」

 

桐生「それとこれとは話は別だ 今は咲のことだけを考えようじゃねぇか」

名嘉原「お前……」

 

あぁ、こうして名嘉原も桐生さんの男気に惚れてしまうんやな?

 

桐生「アンタんとこの若いの 借りるぜ 行くぞ 力也」

力也「ハイ!兄貴!」

 

力也はすっかり子分だわw
でも兄貴って慕われるのは悪い気はしない。
と、同時に若干シンジを思い出してしんみり…

 

力也「あと探していない場所っていったら初町だけですね……」

力也「初町は玉城組って組織のシマなんですよ。俺たちが踏み込むと色々ややこいいんで」

 

なるほど。敵対勢力が居るのか。でも他を探しても見つからないんじゃ、初町を探すしかないだろう。

 

力也ちょろいなw(そして可愛いw

 

桐生チャンは桐生チャンで照れてる場合じゃないから!ww
何気に極2では大阪のオバタリアンに押し倒されたし、桐生チャンはおばちゃんにもモテるんだなw

この目撃情報のおかげで、咲ちゃんが初町に居るのは確定。知らない女の人というのは実の母親なんだろうな。

 

初町に着くと早速、玉城組の奴らに絡まれました。毎度のことですが、カタギなのに信じてもらえない桐生チャンww あと力也がバレないように顔背けてるのが可愛いw

 

あら、バレちゃったw

 

何!?「あのガキ」だと!?

どうやら咲ちゃんは玉城組に居るみたいですね。どうりで町の中を探しても見つからないわけだ。

 

構成員をボコった後に問い詰めると、咲ちゃんのお母さんが玉城組の組長と付き合ってることが判明。これはもう、玉城組の事務所にカチコミかけるしかないですね!

 

うわぁ、これ、咲ちゃんのお母さん捨てられるの確定やん。。。

 

桐生「力也! 名嘉原を呼んで来い!名嘉原のところへ戻って、ここに咲がいると伝えて来るんだ!」

力也「え…… ハイ! でも兄貴は?」

桐生「いいから早く行け!俺は名嘉原が来る前に少し掃除しておく。」

 

桐生チャン1人で大掃除するんですなw
ということで、カチコミの様子は次回にて。

©SEGA