狂犬の助太刀【龍が如く3 プレイ記】#24

「九章 謀略」の続き。桐生の前に立ちはだかる鈴木国土交通大臣のSPたち。そこへ助太刀に現れたのは…。

 

※以下、ネタバレ注意

 

 

真島建設(真島組)の人から素材が購入できるんだけどサ・・・

 

そこの説明文を読んでみると、ちょいちょい面白いw

どうやら兄さんは、最近は傘を振り回していないようだ。てか、龍1で使ってた兄さんの傘、丈夫だよなァ(爆)。普通だったら傘が先に壊れそうなものだが。

 

あと桐生さんのブログの文章に磨きがかかってきたw
真面目な桐生さんがコレを書いてるのかと思うとじわじわくるw

 

さて、ストーリーの方ですが、力也を沖縄に帰した後、田宮防衛大臣から頼みごとがあると直接電話がかかってくるので、伊達さんと共に国会議事堂へ向かうことになります。

 

ここで桐生さんたちは、田宮の口から沖縄の基地拡大とリゾート開発に関する真相を知ることになります。てか、田宮のおっさんの話が長過ぎてだなァ(苦笑

 

要点をまとめると・・・

 

・大吾を撃った謎の男の正体は『風間譲二』といい、風間新太郎の実の弟である。

・風間譲二は、元警察官で現在はCIAの諜報員。田宮とは警察庁時代の同期であり親友である。

・基地拡大法案は世界で暗躍する武器密輸組織ブラックマンデーを誘き出すためのエサであり、田宮と風間譲二(CIA)はその作戦の協力関係にある。

・法案がフェイクであることを知った秘書の當眞は田宮の元を去り鈴木国土交通大臣側へ。

・何が何でもリゾート開発を実現したい沖縄LOVEな當眞は、白峯会の峯の元へ行きリゾート開発の土地買収を依頼。

・真相を知っている當眞は風間譲二(CIA)に狙われており、風間譲二の為にも暗殺を阻止してほしい、というのが田宮の頼みごと。田宮にとって、當眞のことは裏切られても政治家として買っており大事な存在らしい。

 

・・・こんなところか。

 

ということで、現在、當眞は沖縄に居るというので、桐生さんも向かわなければならないのだが・・・

 

議事堂の外は、すでに鈴木のSPによって囲まれておりました。

 

守りながら戦う方が辛いからね。

 

ここは桐生チャンひとりで大暴れや!

 

そして・・・

 

真島の兄さんキターーー!!!!!

てか、兄さん、ダンプで突っ込むの本当に好きだよねw
隻眼で視野が狭いのに良くやるよ(これで誰ひとり轢いてないからね)

 

兄さんが駆けつけた時の桐生チャンの表情もイイよね。
もうこれは信頼しあってるよ。

 

にしても、今作の兄さんは桐生チャンに対してマジで優しい!!
力也が拉致られた時も、こんな感じだったし。

 

お馴染みのこのセリフも今となっては友情を感じる。。。

©SEGA