ステゴロのハブ【龍が如く3 プレイ記】#5

「二章 出会い」感想の続き。半年が過ぎ、2008年3月。地元の極道組織、琉道一家若頭の島袋力也との出会いが描かれます。

 

※以下、ネタバレ注意

 

 

外で薪割りをしていると、遥が何か持ってきました。てか、服は着た方が良いんじゃないかな?近所の人に背中の刺青を見られたら、あまりよろしくない気が・・・(苦笑

 

「立ち退きって書いてあるけど 私たち 出て行かないといけないのかな?」

 

んん?

 

あぁ!お前らはプロローグで出てきた奴ら!最初は敵対してたのか?

 

「琉道一家か…… こんなモンしょっちゅう送ってこられちゃ迷惑だな。毎日のように知らない連中がウロついてるのもいい気分はしねえ。ちょっと、この琉道一家に行って話をつけて来る。」

おお!四代目よ、カチコミに行くのか!?w

 

いやぁ、絶対ケンカになるでしょ…桐生さんは唯でさえ、街を歩いてるだけで絡まれるんだからw

 

ついに沖縄の町の中へ・・・!
琉球街で、先ほどの二人組を探します。

 

ですよねー!w
ほらァ、桐生チャンが隠そうとしないから、話がややこしくなっちゃうw

 

桐生「とにかく子供たちが怖がってるんだ もう二度と顔見せるんじゃねぇ」

力也「俺らはなぁ…… 内地からシャシャリ出てきた奴が大嫌いなんだよ とっとと沖縄から出ていけ」

桐生「それが立ち退きの理由か?」

力也「直接親父に聞くんだな」

 

そうか、なら、琉道一家の事務所にいかないとね!

 

力也「俺らの仕事はあんたの監視だ だが 好き勝手に事務所に行ってもらうような真似されちゃ困るんだよ」

 

直接親父に聞けって言ったやん…w

 

力也「そんなことされたら俺の顔が潰れちまう どうしても行きてえってならーー俺をを倒してからにしな!」

 

あぁ、言っちゃったねぇw
伝説の極道に喧嘩売っちゃったねぇw

 

キミの地元愛は良く分かった。だが、しかし!

 

それだけでは、堂島の龍には勝てないぜ!w

 

桐生「お前の親父のところに 案内してもらおうか」

力也「分かりました」

 

すっかり敬語になっちゃったよww

©SEGA

シェアする