ダンディリオンとツバメの夢【ウィッチャー3 プレイ記】#27

※このゲームは、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。

場所をゴールデン・スタージョンに移し、ここで夢見術師コリンヌ・ティリーの力を借りることに。果たしてシリに関する情報は得られるのか?

 

(以下、ネタバレ注意)

 

 

夢見術を行うには、夢を見ようとしている対象と依頼人の絆を理解する必要がある。

ということで、ここからはコリンヌ・ティリーの質問に答える必要があるのですが、その内容はゲラルト、イェネファー、シリの関係と、これまでの出来事をゲラルト自ら語ってくれる内容になっていました。過去作を未プレイの人に向けた救済措置的な感じですかね。

 

初対面の人に、そんなベラベラ話して大丈夫か?と思いつつも、私は過去作未プレイ故、全部興味があったので全部の内容を聞きましたw

 

「私の手をとり、シリに語りかけて。彼女がいそうな場所、そばにいそうな人物を教えて」

「そうだな… シリが俺を見つけられなかったなら、別の友人を頼るはずだ」

「それは誰?」

「ダンディリオンかもしれん。2人は仲が良かった…」

人物図鑑やあらすじで喋ってるのって友人の吟遊詩人ダンディリオンだと思うんだけど、そうか、シリとも仲が良かったんだ。

 

そこで夢見術とやらを行うと、夢の中に現れたのはダンディリオンとツバメ。ツバメはシリを現してるんだろうね。あまり良い感じの夢ではなかったので心配だが…。ゲラルトさん的には、ダンディリオンが街に居たことが意外だった模様。

 

「聞き覚えがあるわ。誰かが遺言で彼に「ローズマリー・アンド・タイム」を残したとか」

なるほど。「ローズマリー・アンド・タイム」とやらに行けば、彼に会えるかもしれないのか。ダンディリオンは気になってたから早く会ってみたいんだよね〜。

 

*・*・*

 

「助けてくれるか? もう一杯飲むには金が足りないんだ」

「なあ、お願いだよ! ウィッチャーの役目は何だ? 人助けだろう」

コリンヌと別れて外に出ると、いきなり酔っ払いに絡まれました。何でお前の飲み代をゲラルトさんが払わなきゃいけないんだよ!w

こういう時はね、アクスィーを使うのが一番だね。いやぁ、こういう時はウィッチャーは便利だわ〜。現実世界の酔っ払いどもにも使えたら良いのに(爆)。何気に昔、絡まれたことがあるからトラウマなんだよね。酒は飲んでも飲まれるな!ですよ、全く。

 

The Witcher® is a trademark of CD Projekt S.A. The Witcher game © CD Projekt S.A. All rights reserved. The Witcher game is based on a novel by Andrzej Sapkowski. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.

シェアする