かまどの中からコンニチワ!【ウィッチャー3 プレイ記】#26

※このゲームは、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。

メインクエスト「夢のノヴィグラド」に突入。優秀な夢見術師であるコリンヌ・ティリーに会うため、とある屋敷へ向かったのですが…

 

 

(以下、ネタバレ注意)

 

 

「最近この土地を買ったのだ… かなりの高額でな。そのすぐ後に… 騒ぎがあった。それでここが幽霊屋敷ではないかと怖くなった」

クエストマーカーの指示がある場所へ行くと、そこには一軒の屋敷があり、その持ち主のルドルフ・デ・ヨンキアが外で立っていました。話を聞くと、屋敷で不可思議な現象があるので夢見術師であるコリンヌに、この家の過去を調べてもらっている最中だと言います。

家主に許可をもらい中へ入ると、コリンヌがベッドの上で悪夢にうなされていました。

 

「かまどと、焦げた鉄格子… 楽しいナゾナゾだな…」

家の中を探索して、謎を解き、コリンヌがうなされている原因を探ります。貯蔵室にかまどがあったので、そこへ行って見ると・・・

 

ホラー要素はヤメロと言っとろうがぁぁぁ!!(爆

かまどの中から現れたのはゴドリング。ゴドリングが無害な生き物なのは分かってるんだけどさァ、暗闇の中からギョロリとした黒目が見えると怖いのよー!(苦笑

 

「怖かったでしょ? わかるんだから。大きくて勇敢な男が、ちっちゃなサラを怖がるなんて、最高!」

どうやらこの屋敷の不可思議現象も、コリンヌの悪夢もこの子のイタズラだったようです。コリンヌに用があるので目覚めさせて欲しいと頼みますが、サラは嫌がります。さらには、ルドルフに屋敷を渡すのも嫌だと…。

 

ここで選択肢が発生。

・取引しよう
・では君を追い出さなくちゃいけない

うーん、とりあえず、この子を何とかしないとコリンヌが目を覚まさないので『取引』をしようではないか。

 

「サラ、ノヴィグラドはゴドリングの住む場所じゃない。だが住みたいならお前の勝手だ。だから取引しよう」

「取引?どんな?」

「夢見術師から手を引け、引き換えに、銀行家には家が呪われてると言う… それを解く手段もないとな」

「ホントに!?彼が信じなかったらどうするの?」

「俺はウィッチャーだ。奴は信じる」

「うん、うん!そうしてくれれば、お友だちを困らせないって約束する。少しもよ。すごく親切なのね」

「めったに言われないが、ありがとう」

 

・・・ということで、交渉成立!
ワガママな子は嫌いだけど、素直な子は大好きよw

 

夢見術師コリンヌが、やっと悪夢から解放されました。

「ありがとう。本当に。ひどい夢だったわ。お礼の方法はある?」

おお、これでシリの手がかりを探してもらえるわけだな?ということで、この後、彼女の部屋へ行くことになります。

 

…と、その前に。持ち主のルドルフに「この屋敷は呪われている」とご忠告。屋敷を買うのにかなりの大金を払ったみたいだけど、この脅しで諦めてくれると良いのだが…果たして?

 

The Witcher® is a trademark of CD Projekt S.A. The Witcher game © CD Projekt S.A. All rights reserved. The Witcher game is based on a novel by Andrzej Sapkowski. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.