ギリギリの死闘と乱闘【ウィッチャー3 プレイ記】#7

※このゲームは、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。

引き続きメインクエスト攻略中。今回は、ヴェセミルと合流しグリフィン討伐へ。探していたイェネファーの居場所も判明したのだが…

 

 

(以下、ネタバレ注意)

 

 

ヴェセミル「東の方では、ニルフガード軍がポンター河を渡ったと聞く。ケィア・モルヘンまでの数週間の距離だ。雪で道が隠れる前に、奴らが谷まで来てしまったら… 我々の足跡を消して道を隠さねば」

ヴェセミルに事情を説明し、一緒にグリフィン討伐へ。罠を仕掛け、グリフィンを待つ間に今後について話し合います。ヴェセミルは、イェネファーを見つけたあとは、ケィア・モルヘンに戻るようです。

 

と、そんな話をしていると、罠の匂いに釣られてグリフィンがやってきました。すると、戦いの直前でヴェセミルは「これを使え」と、ゲラルトさんに『石弓』を渡してきました。

グリフィンは飛び回るので、これで撃ち落としながら戦うのですが、LとRボタンの押し間違いやらリロードやらであたふたしてしまい・・・

 

危うくこっちが死ぬところだった(滝汗

 

グリフィンの首を持って、ニルフガード軍駐屯基地の隊長の元へ。約束通り、イェネファーの居場所を教えてもらい、そのまま立ち去ろうとすると「報酬を受け取れ」と言ってきました。ここで、受け取るか否かの時間制限付きの選択肢が出るのですが、カネは欲しい!ということで素直に受け取りましたw(この世界、序盤は本当にお金を手に入れるのが大変なんだよw

 

酒場に戻って再びヴェセミルと合流したのですが、店内は何故かピリピリムードで一触触発状態。ここで『ならすぐに出発しよう』『奴らは何者だ?』の選択肢が。多分、後者を選ぶと騒動に巻き込まれるんだろうなぁと感じつつも好奇心に負けて、後者を選択。すると・・・

 

客「百合はどこにやったの?」

女将「テメリアらしさを出すとまずいの。奴らに酒場を燃やされちゃう」

客「噂は本当だったの? あんたがニルフガード人相手の商売女だって」

血の気の多い連中はテメリア愛国者のようで、ニルフガード人に敵意むき出しなのだが、そのニルフガード人が居ないため、身内同士で喧嘩が始まってしまった。ウィッチャーに良くしてくれた女将さんは顔に痛々しい怪我を負ってしまう(ToT)

 

この状況に立ち上がるヴェセミルとゲラルトさん。
酒場は男供も絡んできて乱闘に。
もちろん、ウィッチャーが人間に負けるはずもなく・・・

 

あまりの惨状に怯える女将さんの姿が切なかった。恐ろしい者を見るような目の彼女を見て、以前のように優しく接してくれた女将さんは、もう居ないんだと思ったら悲しくなった。

こんなことなら、さっさと出発すれば良かったのかなぁと思ったけど、あとで調べてみたら、これはどちらの選択肢を選んでも乱闘になってしまうようですね。悲しいなぁ・・・。

 

The Witcher® is a trademark of CD Projekt S.A. The Witcher game © CD Projekt S.A. All rights reserved. The Witcher game is based on a novel by Andrzej Sapkowski. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.