まだ見ぬ土地を目指して【RDR2プレイ記】#5

※このゲームは、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。

 

チャプター2終盤の時点で、まだ見ぬ土地を目指して世界をブラブラしてみたんだが、人助けしようとしたら実は強盗だったり、詐欺だったり、更には他のギャングたちの列車強盗現場に遭遇したりと、ただ馬で世界を駆け巡ってるだけでも楽しくて、毎回止め時がわかりません。このゲームの作りがとても細かいことに改めて気付かされました。

 

 

あと怪我人と遭遇し、急いで医者の元へ連れて来たんだけど、どうやら腕を切断しなければならず・・・その場に残って黙って見ていたらノコギリでギコギコと・・・ちゃんと最後まで描写がありました・・・(ガクブル

その後、見てはいけないものを見てしまった感満載のアーサーさんの表情が何とも言えなかった(スマヌ

 

医者=薬局になっているのですが、その直後、返り血を浴びた血まみれの腕で接客を始めるお医者さん(爆)いや、着替えて手を洗ってくれよww

 

あとストレンジャーミッションの「素人のための理想郷論」が、アーサーの人柄が感じられて面白かったです。野生動物の写真家メイソンと出会ったアーサーは、その後各地で出会うたびに彼の手助けをするんですけど、何気に自ら手伝いを申し出てるんですよね。アーサー、メイソンのこと気に入ってるでしょ?みたいな感じでw 日記にも動物や草花をスケッチしてるし、アーサーは自然が好きなのかもしれない。

 

さて、ストーリーの方ですが、チャプター2のメインミッション「山羊と羊」を終えると、キャンプの一部機能が使えなくなってしまったため、チャプター3の最初まで進めました。

 

ノデ、以下はチャプター2〜3の感想です。

 

 

 

(以下、ネタバレ注意)

 

 

 

 

意外な優しさ

チャプター2最後のメインミッション。ダッチギャングの今いる居場所が危うくなってきたため、キャンプの引越しをすることに。アーサーは、チャールズと一緒に次のキャンプ候補地の下見へ行くと川辺の近くに死体とキャンプを発見。そこに隠れて居たドイツ人の女性と子供たちによると、襲撃者によって父親が連れ去られてしまったらしい。

アーサーはギャングの引越しを優先させようとしますが、チャールズに「お前はそんな男じゃないだろう」と言われて、しぶしぶ父親を助けに行くことに。あくまでも義賊であるアーサーの人柄的に、本来は困ってる人がいれば助けるタイプなんでしょうけど、今は未来への不安から、自分たちの居場所を守りたい気持ちが強くなっているのが伺えます。

 

さらに奥へ行くと、広めの開拓者のキャンプを発見。襲撃者に応戦し、そこに囚われて居た父親を救出すると、この場所をギャングの引越し先に決定。チャールズはダッチの元へ戻り、アーサーは父親を先ほどの家族の元へ送り届けます。

助け出した父親はドイツ人なので、基本的にドイツ語で話すのですが、ドイツ語がわからないアーサーさんの反応が面白いw 言葉が通じないので横暴な態度で家族を追い出そうとしますが、去り際に助けてくれたお礼にと金の延べ棒を貰うと、ちょっと素直になるアーサーさんが可愛かったですw

 

 

強くなる女性

ここからチャプター3に突入。さて、またブラブラ旅に出るかなと考えていたら、ビアソンとセイディが痴話喧嘩を始めてしまい、仲裁に入ったらミッションが始まってしまったw

セイディをしばらくキャンプから離れさせるために、彼女と近くの町にお使いへ。町について早々、銃を取り出して店を襲撃する気満々のセイディw その時アーサーは、自分たちが金を奪うのは泥棒からで真面目に働いてる人からは奪わないと言っていて、あぁ、旅の途中で民家強盗してごめんなさいって気持ちになったw だって、こんにちは〜って家の中に入っていったら、相手が銃で攻撃してくるんですもの(そりゃ見知らぬ人が勝手に入ってきたら撃つだろ)ww

基本的に善人プレイしてる(つもり)けど、相手がその気ならこっちも容赦しないからーッ!ってスタイルでプレイしてます。あと投げ縄で縛るのが楽しいww 敵ギャングには容赦しないけど、民間人の場合はね、極力命は奪わない方向で(縄で縛ったまま放置)プレイしていますw

 

話を戻して、帰り道ではルモワンレイダーズに襲撃されてしまう。しかし、セイディも銃で応戦し負けてはいなかった。セイディはチャプター1で助けた未亡人なのだが、かなり気の強い女性だったということが判明。てか、これくらい強気でいないとあの悲劇からは立ち直れないし、ギャングの中でも生き残れないか。うん。

 

さて、このままストーリーを進めてもいいけど、まだ全世界を巡れてないので、また旅に出ようかなぁと思います。てか、その前に、アーサーの髪がだいぶ伸びて来たので、切ろうか悩み中。ロン毛もカッコいいけど、ちょい長めくらいも好きなんだよなァ。

 

(C) 2018 Rockstar Games, Inc.