藤堂ルート感想【薄桜鬼 黎明録 プレイ記】#5

平助ルートもクリアーしました。

残るは「あの人」と小鈴ちゃんEDですか。あ、あとバッドEDも見ないと…。

無印本編では、前半は千鶴の為に張り切り元気だけど、後半は羅刹になってしまった為に苦悩する、って印象だったけどこの黎明録では、常にちょいちょい悩んでる印象でした。

てか、彼は責任感が強くて良い子だね。
だから悩みが尽きないのかもしれないけれど。

 

 

※以下、ネタバレ。

 

 

試衛館に浪士組の話を持って来たのは平助ということもあり、京に来てから状況が良くなるどころか悪化してしまったのは、自分にも責任があるんじゃないか、とか、人を斬る事は覚悟を決めてるけど、本来殺さなくても良かった相手(実験台にされた羅刹)を斬る事に心を痛めたり、黎明録でも相変わらず悩みに悩んで揺れ動いてるけど、彼の場合、その純粋さからくる未熟さ?ってのが人間らしくて良いんですよね。

龍之介との絡み方も平助とは歳が近いせいもあってか、対等に感じました。てか、悩んでる平助を龍之介が励ます感じ?

武士が嫌いで剣術の心得がない龍之介が自ら稽古に申し出たり、平助と一緒に戦うシーンが多くて、他ルートになかった展開がなんか新鮮でした。

 

平助ルートでは、主に、変若水の研究をしている新見さん関連の事件をメインに展開していきます。

新見さんが脱走後潜伏していた料亭へ、平助と龍之介は二人で先に潜入することになるのですが、龍之介が羅刹に斬られたときはバッドエンドかと思っちゃいましたよ。w

 

土方さん達が駆けつけたあと、怪我をした龍之介を連れて平助は先に外へ逃げるのですが、何故か向かった先は屯所ではなく河原・・・

そこで平助は龍之介に刀を向けます。

芹沢さんの粛正話が出てる以上、自分も消されるのか、でも相手が平助なら本望だ、と覚悟を決める龍之介・・・っておいおいおい!これまさかバッドエンド!?ってまた思っちゃいましたよ。w

だけど平助が斬ったのは、龍之介の髪の毛。

これを遺髪として持ち帰り、龍之介は怪我が悪化して死んだ事にするから、と平助は龍之介のことを逃がしてくれたのでした。

 

そして数年後、江戸で羅刹になってしまった平助を見かけるのですが、千鶴が平助の元へ追いかけてきた為、声を掛ける事が出来ず、二人が再会を果たす事はありませんでした。他のルートでは皆、何かしらの形で再会していたので、なんか切なかった…。

 

そして千鶴視点の十六夜挿話へ。

やっぱり平助くんは千鶴相手にドギマギしてる姿が一番可愛いなぁと思いました。w

 

そして本編では行方不明のままだった綱道さんの行方が判明するという、まさかの展開。

もう平助ルートの綱道さんはずっと忘れ去られて放置のままだと思ってましたよ。w

てか、お千ちゃんの行動力、凄いな。