【アニメ感想】薄桜鬼 碧血録 第十五話「遠き面影」

もうこれはアニメオリジナルの展開といっていいだろう。
凄いよ、アニメスタッフ!!

原田と不知火が協力して羅刹と戦うシーンは、原田ルートそのまんまなんですけどね、まさか、薫と沖田くんと風間の扱いがね、そうきたか!!と思ってしまいました。

まず、逃げる近藤さんと千鶴の前に現れたのは、
なんと南雲 薫!(驚き其の一)

双子の兄妹と知って、近藤さんもビックリですよ。w
(ゲームでは薫は沖田ルートでのみ出現しますからね)

千鶴を逃がすために近藤さんは薫と戦いますが・・・

薫、強ぇぇぇぇ!!!
(近藤さんが弱いだけなのか?いや、まさか局長ともあろうお方が…ごにょごにょ)

今後は逆に近藤さんを助ける為に千鶴が抜刀。
何気に、ちょっとは戦えたんだね、千鶴。w

でも薫に勝てる筈もなく絶体絶命のピンチに陥る千鶴。
そこに現れたのが・・・

沖田くん(しかも羅刹)、キタァァァーーー!!(驚き其の二)

ゲーム中、他ルートでは空気と化してた彼の活躍の場をちゃんと作ってくれてGJ!!アニメスタッフ(涙)しかも羅刹化してる時の彼の目がイッちゃってる感じが◎まさに戦闘狂って感じでした。v

 

が、それも束の間、労咳が治ってない沖田くんは、咳き込んで元に戻ってしまいます。

再び、薫のターン。・・・と思いきや、薫はいきなり後ろから刀で刺されてしまいます。

い、一体誰が・・・と思ったら・・・

ここでまさかの風間登場!!(驚き其の三)
(前話で薫を見張ってたのはこの為だったのか…)

まさか、薫を倒すのが風間だなんて予想もしてなかったよ。

一期の最終回もだけど、アニメスタッフの彼の扱い方には驚かされることが多い気がします。ゲームよりも好感度上がってるんじゃないか?

薫も同じ。ゲームではどうしようもないくらい捻くれてて病んでたけど、(今では薫のキャラも好きだけど、最初は大嫌いでした…)アニメでは千鶴に対する気持ちとかね、聞いてて、このまま救済ルートにしても良いんじゃないか、って思った。ホントに。

 

って、ことで、

今 回 は 土 方 さ ん が 完 全 に 空 気 で し た(苦笑

ゲーム同様にピンチに副長が現れてくれるのかと期待して待ってたのに。w
助けてくれたのは沖田くんと風間だったっていうね。

まぁ、全員バランス良く活躍させようとするとこうなっちゃいますよね。
…エンディングはあんなに土方ルート丸出しなのに。w

 

んで、アニメ後半。

とうとう原田&新八コンビが離隊しちゃったよぉぉ(´;ω;`)

近藤さんとの話するシーンは直接描かれなかったけど・・・
お別れのシーンは本当に切なかった・・・(´;ω;`)

なんかもう展開が凄過ぎて30分があっという間過ぎる。
しかも次回予告がこれまた涙の予感。

こ、近藤しゃん・・・(´;ω;`)

これは本当に、今後は毎回最終回的な展開になっていく予感ですよ。