神室町に帰ってきた男【龍が如く3 プレイ記】#13

「四章 描かれた男」が終了し「五章 戦いの幕開け」へ突入。六代目が撃たれたことで東城会内部では跡目争いが勃発。果たして東城会はどうなってしまうのか…?

 

※以下、ネタバレ注意

 

 

やっとこさ桐生さんは、力也を置いて単独で沖縄を発ち、神室町へ向かいます。

 

一方、関東では今作初登場の東城会幹部たちの様子が描かれて、雰囲気は一気に殺伐とし、いつもの『龍が如く』へ。ちなみに峯の声は中村獅童氏、浜崎の声は高橋ジョージ氏で文句なしで上手い。そして神田の声はアノ宮迫博之氏なのだが、こちらも評判通り凄く上手いし、この3人の中では一番小物なのでそういう意味でも声が合ってましたw こういう才能もあったのね。

 

あと峯に関しては、少し前に始めた『龍が如くONLINE』で丁度、峯の限定イベントをやってて、そのシナリオで峯が東城会に入って成り上がるまでの経緯が描かれていたので、今回『龍3』をやるにあたって、峯と神田の関係が事前に分かってたぶん、人間関係が理解しやすかったです。逆に知らなかったら知らなかったで、峯は終盤まで凄く不気味な存在に写っていただろうな、とは思います。

ところで、神田もバカだな、峯ほどの男が自分の下にいつまでも居てくれる筈がないじゃん(苦笑)…と、だけ今は言っとくw

 

桐生チャンが神室町に到着すると、スターダストの前でトラブルを目撃。なぜか女性客たちがヤクザに追い払われているようだ。

PS3『龍3』の体験版って、もしやこのシーンを使ってたのかな。当時、体験版をプレイした時、スターダストで戦った記憶はあるんだよ(そして、まともに勝てなかったw)。…となると今回はリベンジになるな。もう負けないゼ!(ちなみに難易度ノーマルでやっています)

 

スターダストに入ると四章のボス、錦山組若頭の長谷部が登場。錦山組とは因縁があるので、すごいナメられてるなぁ。錦山組はスターダストの営業権を金で買い取ろうとしていたので、ここでバトルに。

 

な、なんだってぇ!?

現在、六代目が撃たれたことで東城会内部では跡目争いが勃発。そうなると若頭の柏木さんは邪魔でしかないんだろうな…。

ここは急ぎ、柏木さんの元へ向かいたいのだが…

 

ここから「五章 戦いの幕開け」に突入。先ほどの騒動のせいで、近隣一帯が警察にマークされてしまう。

 

そんな時に柏木さんから電話が。柏木さんも話があるようなので、警備中の警察を避けながらミレニアムタワーへ向かうことに。

 

すると今度は、風間似の謎の男と一緒に居た、あの時の外国人が仲間を引き連れて襲いかかってきました。こいつも結構強かった気が…。

黒スーツの男たちを追い払うと警察の交通規制が解かれたので、これで自由に動けるようになりました。

 

この直後、マック関連のイベントが発生し、ショーパブを見ると天啓が得られるというのでショーパブへ・・・。柏木さんが待ってるというのにww

 

座席はランダムみたいだけど、初回でいきなり真正面の良い座席だったw

てか、おねーさんには申し訳ないけど、これを見てると、どうしても極のショーパブ真島を思い出してしまって笑いしか出てこなかった(爆

 

そういえばショーパブ真島で思い出したけど、キャバクラでも遊べるのでは?ということでこちらも入店。極2では経営サイドだったから、遊ぶ方もやってみたかったんだよね(柏木さん、待たせてゴメンw

 

今作では、極2から「桃乃木かな」が続投。あくまでも別人設定なので、初対面扱いですけどね。キャラも若干違ってるし。んで、この時は金銭的に、かなちゃんとしか遊ばなかったんですが…

 

他の店では、極から「波多野結衣」が続投。彼女に関しては、極の時のキャラ設定の方が可愛げがあった気がする…。正直、誰がこんな女好きになるんだろうと思いながら攻略してました(爆)

 

んで最後まで攻略するとホテル街に移動して、こういう展開にw

そしてカラオケに呼べるようになるので、むしろそのために攻略してたのですが、ただキャバ嬢全員とこういう展開になってしまうと桐生さんがただの女たらしになってしまうので複雑です(苦笑

 

ということで、キャバ嬢とのカラオケ動画もドウゾw

1曲目:サタデーナイト☆ラヴァー(波多野結衣)
2曲目:指の行方(桃乃木かな)
3曲目:summer memories(永森詩織)
4曲目:Shooting Star(金城奈緒)
おまけ:神室町雪月花(桐生一馬)

 

・・・そして忘れ去られる柏木さん(ぇ

©SEGA

シェアする