仮面の魔術師【ウィッチャー3 プレイ記】#15

※このゲームは、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。

前回に引き続きメインクエスト攻略中。シリの情報を求めて、次はエルフの魔術師の隠れ家へ。

 

(以下、ネタバレ注意)

 

 

「2階に来て、遠慮しないで」

“門”をくぐり抜けて辿り着いた場所は…なんだココ?
向こうもゲラルトさんを歓迎してくれているようですね。

 

おおっと!?入浴中でしたか///
(※PS4版なので下着を付けた状態になっています。PC版だと規制ナシのようです)

 

嬉しそうに見つめてるんじゃないよ!ww

 

「魔女が住んでいると聞いてな。フォルテスト王の前相談役とは思わなかったが」

「この世界に驚きが残っていてよかったじゃない。」

「ごきげんを損ねてしまったか。友達を暖かく迎えてくれないのか?」

なんだ、2人は知り合いだったのかァ。彼女の名は魔術師キーラ・メッツ。テメリア滅亡後、魔術師狩りから逃れるために嫌いな田舎で隠居生活を送っていたようです。

 

誰を探してるのか聞かれたけど、友人なら、ここは素直にシリだと教えても問題ないか。

 

「シリラがこの辺にいるの?女魔術師会と大陸中の王が探し回っていたあの子が、ヴェレンに来ていたのに、私が気がつかないなんてね。彼女、ここで何してるの?」

この様子だと、何も知らないようですね。でも最近、仮面をつけたエルフの魔術師に灰色の髪の女性について聞かれたとのこと。エルフの魔術師とその女性はヴェレンで会う約束をしていたので、もしその女性に会ったら連れて来て欲しいと頼まれていたのでした。

 

ということで、キーラはその魔術師の隠れ家を知ってるというので案内してもらうことに。入るとすぐにワイルドハントの姿を目撃。彼らも必死にシリを探しているようです。てか、ワイルドハントの方がゲラルトさんよりも一歩先に進んでいるようで不安。なんとかワイルドハントよりも先にシリと合流できれば良いんだけれども…。

ワイルドハントを追って奥に進んで行くことになるのですが、この洞窟は引火性のガスが厄介だったり、途中でキーラと逸れて探すイベント始まったりと、結構長かった記憶が…。

 

中にはエルフの魔術師が道導代わりに残した伝言が各所にあり、シリ本人(または養父であるゲラルト)にしか分からない内容になっていました。この謎を解いて行くと、奥へ続く道が開ける仕組みになっていました。

 

奥へ進むと、ワイルドハントの猟犬との戦闘へ。キーラが作る障壁からハミ出るとダメージを食らうので、猟犬を倒したら戻って回復を繰り返していました。

 

さらに奥へ進むと、ワイルドハントの戦士ニスラル戦へ。サイドクエストでしっかりレベルを上げて来たので、こちらはそれほど苦戦せず。

 

この後は、周辺を調べて終わり。エルフからシリに向けた最後の伝言は『誰も信用するな。特にクルックバック湿原の魔女に気をつけろ。何とかして、最後に別れた場所まで来てくれ』でした。最後に別れた場所…流石に、これは本人じゃないと分からないなァ。

「こちらも収穫はなしだ… エルフについても、シリについても」

「少なくとも、2人が一緒に旅してたことはわかったわ…」

うーん…このエルフとシリって、どういう関係なんだろう。とりあえず、湿原の魔女に気をつけろと言っていたので、この次はその湿原の魔女について調べることになりそうです。

…が、その前に、キーラ関連のサイドクエストが多数あるので、次回はそっちを先に進めたいと思います。

 

The Witcher® is a trademark of CD Projekt S.A. The Witcher game © CD Projekt S.A. All rights reserved. The Witcher game is based on a novel by Andrzej Sapkowski. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.