拷問はつらいよ【ウィッチャー3 プレイ記】#31

※このゲームは、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。

メインクエスト「ルーヴェン伯爵の宝」に突入。ダンディリオン救出に向けて、ルーヴェン伯爵ことディクストラが経営する浴場へ。そこで、ディクストラが浴場の下水道に保管していた財宝が盗まれたということで、ゲラルトは犯人や財宝の所在を調べることに。

 

(以下、ネタバレ注意)

 

 

「まったく… しょっちゅう入浴する原因を作った男に再会できてうれしいとはな。」

ルーヴェン伯爵の正体は過去に因縁のあったディクストラだった…。ディクストラは過去にゲラルトに足を折られたらしく、その古傷を癒すために浴場経営を始めたようです。二人の過去の話については、原作の小説に書いてあるみたいですね。

 

「そこ… バート、うんうんする場所」

トイレの言い方が可愛いな、おい!ってことで、浴場の下水道には、ディクストラの財宝を守っていたトロールのバートがいました。サブクエにもトロールが出て来たけど、この世界のトロールって精神年齢が幼いから可愛いよなァ。目撃者でもあるバートの証言を元に調査を進めます。

 

「4番浴槽を排水しろ! 客の記録も持ってこい!」

下水道、そしてそこに繋がっている浴槽を調べて犯人の手がかりを得たゲラルトは、容疑者の自宅に向かうことになります。

 

「隠し部屋か… ダンディリオンと仲間が強盗を計画した場所だろう」

どうやら、ここにダンディリオンたちが居たようです。
シリ宛ての手紙も発見しました。

『シリへ… メンジに追われてる… 奴が宝を奪い… ダンディリオンも捕まった… 逃げるんだ』

 

1階で物音がするので降りてみると、ディクストラが自ら、しかもトリスを連れて調査にやってきておりました。どうやらゲラルトさんは信頼されていないようですね…。

 

「宝を盗んだのが誰かわかった。聖堂衛兵団の団長… カレブ・メンジだ」

んで、ダンディリオンもそいつに捕まってる、と。メンジは夜はウィッチハンターの兵舎で過ごしているのだという。問題は、どうやってウィッチハンターの兵舎に入るか、だ。

ダンディリオンとシリのことを説明すると、トリスは協力してくれるというのだが…

 

「この枷を持って… 私につけて」

「考えてみて… トリス・メリゴールドをウィッチハンターに差し出せば、門を開けるだけでなく、メンジと直接会わせてくれる」

 

なんて危険な賭けを!?でも、ダンディリオンとシリの命がかかってることを考えると、トリス自身も覚悟の上で、この方法を提案してくれているので、ゲラルトは彼女の意思を尊重することに。

 

「ウィッチハンターは… 私を女性扱いはしないでしょう。でも生き抜くわ。少し痛い目にあっても…」

「大切なのはシリよ… やるべきことをやって。何が起ころうともね」

 

うぅ…、気がひけるけど、ここはトリスを信じるしかない…!

 

ほら、女魔術師トリス・メリゴールドを連れて来たぞ。さっさと中に入れやがれ!メンジに会わせろい!(意訳

 

兵士「強気な態度だな? 今にわかる… 爪を何枚か剥がしてやる。それで白状するはずだ」

うぅ…、庇いたくなるけど、ここは我慢だ…!

 

隣の部屋からトリスの悲鳴が聞こえてくる中、メンジと交渉へ。ゲラルトさん辛そうだなぁと思いつつも、彼女の意思を尊重して冷酷な選択肢を選んでいくことに…。

 

メンジ「では、フィリパについて知ってるんだな… どうせただでは情報をくれないんだろ。見返りに何が欲しい?」

そうだ、ダンディリオンのことを聞く前に、お宝のことも聞いておかなくちゃ。お宝のありかを聞き出した後に、ダンディリオンのことを聞こうとすると、最終的にメンジ&ウィッチハンターたちと戦闘になりました(結局、戦うんかーい!w

 

まぁ、おかげでトリスを救出することもできたけど…写ってないけどトリスの指先が血まみれで痛々しいことになっていました(ガクブル)。でも次に再会した時には治ってるんだよなw

執務室を調べると諜報員からの手紙が、そしてメンジの遺体を調べると金庫の鍵が出て来ました。ディクストラには宝のありかと鍵を渡せば終了ですね。

手紙の送り主である諜報員ならダンディリオンのことをもっと知ってるかも?ということで、ゲラルトとトリスは諜報員を誘い出して会うことにしました。

 

「ダンディリオンは〈聖堂島〉で監禁されている。聖堂の地下牢だ。メンジは彼をオクセンフルトで処刑するつもりだ。壮大な見せ物になる」

「〈聖堂島〉を出ることができるのは、メンジが命令した者だけだ… 直接な」

 

トリスの魔法による拷問で、ダンディリオンの居場所を吐かせることに成功。しかし、メンジはもうこの世にいない。どうするのかなぁと思ったら、この件についてはトリスに名案があるようだ。ちなみに、この後、諜報員を始末するか、記憶を消すか選ぶことになりますが、まぁ、記憶を消せるなら命を奪うまでもないでしょう(魔法は便利だw

 

ゲラルト「ダンディリオンを助ける方法があると言ってたな」

トリス「ええ… 島にいることはわかってる。メンジがオクセンフルトへの移送を命じるまで、そこにいるのよね?」

ゲラルト「問題はメンジが死んだことだ。となると…」

トリス「他にそれを知る者はいない。火事を逃れてて… ひょっこり現れるかもしれない。彼か、彼にとってもよく似た誰かがね」

 

トリスの名案とは、ドップラーであるゲラルトの旧友ドゥードゥーにメンジに化けてもらうことでした。しかし、ドゥードゥーは現在潜伏中。果たしてゲラルトは、彼を見つけだして協力してもらうことはできるのだろうか・・・?

 

The Witcher® is a trademark of CD Projekt S.A. The Witcher game © CD Projekt S.A. All rights reserved. The Witcher game is based on a novel by Andrzej Sapkowski. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.

シェアする