鬼が霍乱する日〜藤堂・芹沢編〜【薄桜鬼 黎明録 名残り草 プレイ記】#3

薄桜鬼 黎明録 名残り草 (通常版) - PS3

薄桜鬼 黎明録 名残り草

新規シナリオ「鬼が霍乱する日」のプレイ記ラストです。

シナリオ自体はとても短く、分岐もシンプルで、すぐに全ルートクリアー出来ると思います。

個人的には、土方編と芹沢編がお気に入りです。

最後は藤堂・芹沢編です。

 

 

 

「鬼が霍乱する日」藤堂・芹沢編

 看病を申し出る
 斎藤に付き合う
→酒を買いに行く

芹沢さんの為にお酒を買ってきた龍之介。でも、土方さんが風邪を引いたことを思い出し、お酒を届ける前に土方さんの様子を見に行く事に…。

土方さんの部屋を目指し八木邸へ入ると、土方さんの代わりに大量の書簡と格闘してる平助君を発見。

急ぎの会津藩からの手紙が来ており、寝込んでる土方さんや夜まで戻らない近藤さんの代わりに、誰に相談するべきか…?

局長である芹沢さんなら、今屯所に居るはずだが…

 

ここで分岐。まずは藤堂編。

 わかったわかった
→おまえも一緒に来い

たまには一緒に怒鳴られようよ、ってことで道連れに。w

芹沢さんの元に向かうも部屋の中から返事がない。そっと中を覗いてみると、芹沢さんは具合悪そうに眠っていました。

そういえば今朝、部屋に入ってくるな!と言われたことを思い出した龍之介は、風邪が原因だったのかと理解。てか、この屯所、風邪が流行してるみたいだが大丈夫か?ヾ(;´▽`A“

平助「芹沢さんもたいがい意地っぱりだよな。そういうとこ、土方さんに似てるぜ」

何故か、この一言が原因で、龍之介と平助は「似てる・似てない」で言い争いに(スチル)w

その直後、騒動で目を覚ました芹沢さんに、2人は鉄扇で殴られてしまうのでした。w

まぁ、意地っぱりな所は似てるかも、だけど、平助君と龍之介も似た者同士だよね。w

 

 

巻き戻して分岐その2。芹沢編。

→わかったわかった
 おまえも一緒に来い

龍之介ひとりで芹沢さんの元へ。

が、部屋から返事が無いので覗いてみると、芹沢さんが具合悪そうにしているのを発見。慌てて駆け寄る龍之介。(こういうところが良い子だなぁって思うよ)

だけど、龍之介の心配をよそに熱燗を持ってこいと命じる芹沢さん。そこで、龍之介は独断で生姜酒を作って持ってくる。勝手なことをして怒られるかとビクビクしてると…逆に酌をしろと命じるのだった(スチル)

芹沢「ふん……。いつもいつも同じ酒では飽きるからな。たまにはこういうのも悪くはない。まぁ、味は飲めたものではないがな」

私的に、スチルも、話も、これが一番しっくり来ました。w

いつも殴られてるのにも関わらず、芹沢さんの事を心配する龍之介、そしてそんな龍之介の気持ちを汲み取り接する芹沢さん。もう頑固親父と息子の図ですよね、これは。w

本編の芹沢ルートクリア後以降、そんな2人のちょっと不器用な関係が凄く好きだったりします。

 

ってことで、「鬼が霍乱する日」はこれで終了です。

全ルートクリアーするとトロフィーを獲得できます。

その名も「風邪には気をつけましょう」ww

今回は土方さんだけでなく、斎藤さんと芹沢さんも風邪引いちゃったからね。w

ホント、風邪には気をつけましょう。