【アニメ感想】薄桜鬼 碧血録 第二十一話「雪割草の花咲きて」

ついに土方さんたちは蝦夷へ。

凄いね、このアニメ。展開が早い割には、ゲームでは描かれなかった戦争の描写とかあるんですよね。もう立派な歴史アニメですよ。

 

今後について会議する榎本さん達。

そんな会議中に土方さんは羅刹の発作に苦しみ出します。
何とか一人会議を抜け出し、部屋で発作に耐える土方さん。
ひとり苦しむ土方さんは千鶴の幻を見ます。

土方さんにとって千鶴は大切で欠かせない存在。。。
大鳥さんも何気にその事に気付いていたんだろうな。(薄桜鬼PSP発売記念SS参照)

 

一方、一人仙台に取り残された千鶴ですが、何してたかというと、亡くなった父・綱道の墓参りをしておりました。

そこへ風間が現れ・・・

女鬼だから千鶴を狙ってた、ってのは口実で、実際は新選組と遊びたかったんすよね、ちー様。w(ゲーム風間ルート参照)意外にも千鶴と風間が二人きりのシーンって何度かありましたけど、全て穏やかだったと思います。うん。

自分もこのまま行けば、いつかは綱道と同じ末路になる、と予測してるのかしてないのか…はぐれ鬼となってでも土方と決着を付けると言い残し、風間は去っていきました。

己の命よりも信念やプライドの為に生きる。
この時代に生きる新選組も鬼も、何だかカッコ良過ぎるよ。

 

その後、大鳥さんから千鶴の元に文が届く。
大鳥さんの手助けにより蝦夷へ渡った千鶴は土方の元へ。

やっぱり大鳥さん、アンタ良い人だぁ〜!

欲を言えば、千鶴と大鳥さんが直接絡んでるシーンも見たかったとですよ…

土方さんの元へ行ってからの描写はゲームに忠実でしたね〜。
一度は突き放すんだけど、結局千鶴の決心に敵わず抱き寄せる土方さん。vvv

「傍にいてくれ…」

てか、やっと結ばれましたね〜(ゲームやっててもココまでが長かったのよ〜w

そして、その後・・・からかいに来た大鳥さんもビックリの展開。

「こんな奴が俺の傍にいてくれるなら、もう他の小姓を置く気にはならねぇよ」

「悪いが他を当たってくれ。こいつは俺のだ。手放すわけねぇだろ」

デレ方さん、キターーーーー!!(//∀//)w

かなりシリアス路線でずっと来てたから、これ(土方)デレるのか?と疑問だったけど、やっぱここはノーカットできましたね。w

ちなみにゲームやってて一番恥ずかしくなったシーンがここです。w
聞いてるこっちが恥ずかしいよ、土方さん。いや、デレ方さん。www

 

その後、旧幕府軍は宮古湾海戦へ。
ゲームでは省略されてた部分だけど、アニメではちゃんと描かれてました。

結果、作戦は失敗。戻って来た土方さんを出迎える千鶴。

もうすぐ此処は戦場になるから逃げろ、と言いかける土方さんですが、千鶴は最後まで土方さんと共に居ると決心を告げると、辛そうに千鶴の肩を抱き寄せるのでした…。

土方さんは千鶴を死なせたくないんだよね。。。
なんか最後、切なかったなぁ…やっと結ばれたのに…。

 

そして次週はとうとう最終回。

果たして土方さんは生き残るのか…それとも…!?
気になるぅ〜。そして終わってしまうと思うとちょっと寂しい。。。