【アニメ感想】薄桜鬼 碧血録 第十六話「誠心は永遠に」

放送直前まで、ずっと黎明録をプレイしていたので、なんか微妙に頭の中で話がごっちゃになってます。

久々に千鶴を見たような気がします。w

 

Aパートはオリジナルの展開になってました。羅刹の寿命の話はどーするんだ?って思ってたのですが、斎藤さんと天霧を使うとはね。斎藤さん、羅刹になってないのに…完全伝言役。w

あ、あと供血シーン!…が来るかと思ったのに来なかった。残念。orz
てか、引っ張りますね!じれったい!!w

 

Bパートはほぼゲームに忠実でした。
近藤さんとお別れのあのシーンです。(; ;)

でもちょっと駆け足だったな。(今に始まったことじゃないけど。w
ゲームではもっと熱いやりとりがあった気がするんですが。

ちなみに土方さんが「てめぇだけ助かってるんじゃねえか」って叫ぶところが、ゲームで初めてプレイした時、三木さんのGJぶりに目頭が最も熱くなったシーンです。アニメでは最終回クラスの演出になってたけど、ここは、やっぱ最初の印象が強いのかゲームの方が…私的には好きです。はい。

てか、土方さんが戦ってる間、千鶴が突っ立ったままでいるから、「おまえ、そんなところに居ていいのか?」って思ってたら、次の瞬間、小太刀に手をかけて歩き出すから「え?まさか戦う気!?」と思ってビックリしちゃったよ。w

 

なんかアニメの千鶴は若干好戦的な気がする。