沖田ルート感想【薄桜鬼 黎明録 プレイ記】#2

沖田ルート、クリアーしました。

てか、2周目以降は楽ですね。友好度の設定が出来るから。w
好きなルートに行きたい放題。w

土方ルートやってる時から沖田くんが、ちょいちょい気になる行動・心情になるもんだから、気になって仕方ない!ってことで2周目は沖田くんにしてみました。

土方ルートが『鬼の副長』になるまでのエピソードなら、沖田ルートは『新選組の剣』になるまでのエピソードって言ったところでしょうか。

 

 

※以下、ネタバレ。

 

 

彼が本編で何故あんなに好戦的なのか…理解深まりましたね。まぁ、黎明録でも戦闘狂なんですけどね。(力士騒動の時のスチル凄かったー!笑顔で人斬ってるんだもん…)

ただ、本編に比べると、もっと子供っぽくて不安定なんです。元々意地悪だけど、こんなに性格ねじ曲がってたっけ?って思うくらい。w

龍之介と初対面でいきなり喧嘩売ってくるし。

てか、喧嘩しか売って来ないし。w

龍之介サイドから見ると、本当にカンジ悪い、沖田くん。w
初プレイ時はちょっとカチンと来ちゃいましたよ。w

 

でも「近藤さん♪近藤さん♪」モードな沖田くんは凄いカワイイです。近藤さんに対する態度とそれ以外の人(特に龍之介と土方さん、か)に対する態度が180度違うのが凄いね。w 森久保さん、GJ!

沖田ルートに入ってからは、幼少時代の話とか、土方さんには敵わないんだっていう寂しい表情とか…。…見てて段々切なくなってきちゃいました…。(;;)

近藤さんも土方さんも、沖田くんの事を弟分として本当に心配してるだけなのにね…。

 

てか、気付いたら龍之介が「不安定な沖田が気になって仕方が無い」みたいな状態になってて、あ、こいつツンデレだなって思いました。w

沖田ルートは6章まで。芹沢暗殺前に、なんと龍之介が暗殺対象になるというまさかの展開(がーん)。一瞬、またバッドエンドに行こうとしてる?って思っちゃったよ。w

だけど沖田くんは「悪運の強さにかけてみたら?運がよければ生きてるかもね」と増水した川に龍之介を放り込むのでした。w なんちゅう別れ方。てか、川に落とすの2度目じゃね?災難すぎる、龍之介。w

もちろん龍之介は再び死にかけるけどなんとか生き延びた訳で。土方ルートに比べるとあまりの展開に笑ってしまった。w

でも彼なりに龍之介のことちょっとは思ってくれてたってことなんだよね?でなかったら、本当に命令通りに斬ってる筈だもんね。

 

そして時は流れ・・・

何故か、龍之介は雪村の地で再び行き倒れに。(どんだけ不幸なやつなのよ、龍之介w)

そんな彼を沖田夫妻が発見。千鶴は本気で心配してるんだけど、龍之介だって気付いた沖田くんは、喋らせない様に彼の口を塞いだり、殴ったり。このやりとりに終始、笑いっぱなしでした。www

だけど、初対面の時の敵対心むき出しな言い方じゃなくて、いつもの「冗談に聴こえない冗談」口調だったので、これでこそ沖田だな、って思いました。w

てか、この反抗期ツンデレな龍之介と意地悪沖田の組合せ良いな。w

ちょっと気に入っちゃいました♪w