勇者と宝の番人【龍が如く7 プレイ記】#47

「第十四章 伝承」に突入。

ここに来て、桐生一馬と春日一番が直接対決!?
漢なら拳で語り合え!!

※以下、ネタバレ注意

ラストまで、あともうちょっと。
ここにきて堂島の龍が本格的に春日に接触します。

荒川の親っさんの殺害を指示し、異人町もめちゃくちゃにした青木遼に対する怒りで我を忘れた春日は、怒りに任せて近江の下っ端をボコボコに。仲間たちの言葉にも耳を貸さない、そんな春日のことを止めたのは、かつて堂島の龍と呼ばれ、今は表向き死んだことになっている人物・桐生一馬でした。

桐生さんは、春日に青木遼の次の一手を伝えにきたのですが、頭に血が上った状態の春日には情報を渡すに値しないと判断。そこで改めて春日をコミジュルに呼び出し、春日たちが情報を渡すに値する人物か確かめるためにバトルを挑んでくるのでした。

ですよねー!w

【今回のプレイ動画】BOSS桐生一馬戦ダイジェスト(ムービー付・ネタバレ注意)

春日は桐生チャンの正体に気づいてない。堂島の龍の二つ名くらいは聞いたことあると思うけど、真島の兄さんみたいに外見的な特徴があるわけでもないしねぇ。

バトルメンバーと攻略方法は、BOSS真島・冴島戦と大体同じ。バフ・デバフ駆使して氷投げてれば何とかなるハズ(笑)。桐生戦の特徴として、女性キャラには攻撃してこないのでそれを上手く使うのも手だが、メンバー半分を女性キャラにしてしまうと、残りの男性陣に攻撃が集中してしまうので注意(このゲーム、春日が戦闘不能になったら終了なんで)。

個人的には、桐生さんよりもレベルが低い状態で勝てたので満足かな。

あとデリバリー大吾の技だけど、冷麺さんの足元だけ煙が立ってないの芸が細かいよね。

桐生チャン、いつのまにそんな技覚えたんだろう!?と思ったら、春日の夢オチだった(爆)。ただ、真島の兄さんの人間離れも酷いので、桐生チャンもこれくらいは出来そうな気がするw

アフロな勇者もなかなか新しいよなァ、と思った。

DQ11の主人公と真逆なのもまた…と思ったけど、冷静に考えたら春日だってパンチパーマ失敗しただけで、この人、実は直毛なんだよなァと思い出したw

どさくさに紛れてサッちゃんの膝枕を堪能する春日w

サッちゃんは優しいなァ。でも春日って確かに、母性本能くすぐるタイプの男性なので、そういうの許してしまうのも分かる気がする。桐生チャンはそういうタイプじゃないもんな(王道の格好良さで惚れさせるタイプ)。んで、真島の兄さんは…ギャップ萌えか?(私ホイホイ)

春日の頭が冷えたところで、コミジュルも加わって青木遼の次の一手を予測。それは、逮捕された沢城の口封じに動くのではないかということでした。そこで異人町内に怪しい人物がいないか探したところ、有名な殺し屋ミラーフェイスの姿を監視カメラが捉えていました。

もう、そんな人が居たら、完全犯罪やりたい放題じゃん…。
まぁ、雇うのにも莫大なお金がかかりそうだけど。

・・・。

・・・。

てか、どうでもいいんだけど、ちょっと気になったことが…。

お前、絶対下から覗いてるだろ!?
覗き、ダメ!絶対!!(爆

うん…。身内に対する感情が残ってるなら、そもそも実の親と思ってる荒川の親っさんを消すなんて考えに至らないと思うしね。逆に真実を知れば、それこそ怒りの矛先は沢城のカシラに向くかもしれない。権力を得ることに囚われすぎて、大事な感情が欠落してしまったのが、今の青木遼なのだ。

さて、石尾田とミラーフェイスが接触しようとしてるのを確認し、一行は石尾田の元へ向かうことにしたのだが、その前に一個サブストーリーを…

伝説の裏武器屋って、お前…。本人はチャウ・カーロンって名乗ってるけど、どうみてもラウだろ!?!?蜂の巣にされた冷麺さんは百歩譲って頭が無事だからOKにしたとしても、ラウの場合、脳天ぶち抜かれてたと思うので、絶対復活とか有りえないと思うのだが!?ソレトモ、アナタモ双子ダッタンデスカ??ソレトモ影武者方式??

これがミラーフェイスの力!?
てか、変装ってレベルじゃねーぞ!?(滝汗

石尾田とミラーフェイスを倒して、真相追及へ。

天童、貴様……ッ!!!!

味方になってくれた時は、なかなか面白い奴だなって思ってたけど、なかなかのキレ者だったようだ。近江のピンチを自身のチャンスに変えやがった。

一方、石尾田の方は、初登場時はインパクトあったものの、ここに来て小物感が酷い。容姿もそんなに悪くないのになァ。やっぱ、狂犬の称号に相応しいのは真島の兄さんだけやでぇ?

最後まで抜け目のない男だった…。

爆破に巻き込まれた春日たちの安否が不明なまま、十四章は終了。
シチュエーションは違うけど、こんなシーン、龍オンにもありましたね。

©SEGA