横浜の龍【龍が如く7 プレイ記】#19

「第四章 横浜の龍」感想の続き。悪徳介護施設の事件も無事解決。だがしかし・・・。

※以下、ネタバレ注意

荒川の親っさんも片手だけ手袋してたし、基本的に手袋してる人は指が無いのかな…?

……あ、真島さんは、ちゃんと指ありますけどね!

これは龍オンの装備アイテムなんですが、どうやら革手袋は武器のグリップを良くする為らしいw

えぇ……!?(困惑

とりあえず、戸塚はどっかに連れて行かれました。
これはもう破門かな。

俺の親父だった人ですか、の「だった」って言い方が春日の気持ちを考えると切ない。

実はこの会長、春日が持ってる偽札の出所を知ってるんですよ。だから偽札を見つけた時に驚いてたんですね。今思えば、ここは会長の頭の中で答え合わせをしていたんでしょうね。

ちょっと春日の気持ちを考えると悲しいなァ…。

荒川の親っさんを超える人物が現れない限り、春日の親っさんに憧れる気持ちは一生変わらないだろうな。

ん?手術??

戸塚、菜乃葉が無知なのをいいことに騙してやがったなッ!?
菜乃葉がソープ嬢と知って、お金を搾り取れると思ったのかも。

戸塚が言い訳してた時は、現実に老老介護の末に殺人…なんてことがある訳だから、家族が安楽死を依頼するって否定しきれないなと思ったんだけど、これはダメだわ。許されないわ。

おお!高部のカシラ、ナイスフォローだ!!

いやぁ、会長も高部のカシラもナイスだねぇ。
ちょっと好感度上がっちゃったよ。

菜乃葉を救い、乙姫ランドに戻ってきた春日たち。
プレイ中は、この瞬間から嫌な予感がしてましたね。。。

ここで春日たちが見たものは…変わり果てた店長の姿だった。

菜乃葉も救われたのに、ここで店長が自殺する理由が全く分からない。
多くの疑問を残しながら五章へと続きます。

©SEGA