GREE版「薄桜鬼」まとめ(2011/10/22現在)

ツイッターで「GREEと本家は内容が違うのか?」という質問がありましたので、ちょっと簡単にまとめてみました。

以前、GREE版「薄桜鬼」が配信開始された当初も記事に書いたんですが、その時とはシステムが若干変わってますので、再度まとめてみます。

 


 

・シナリオは基本原作と同じだが、所々省略部分あり。

→携帯向けなので、1章1日目その1、その2…と細かく話が分割されており、1日に進められる話は4話〜5話。もっと進めたかったら要アイテム。※土方√なら無料のみでクリアまで2〜3ヶ月はかかるんじゃないか?(汗

 

・攻略キャラは随時変更可能。

※ゲームソフト版では、選択肢分岐によって各攻略キャラ√に入りますが、GREE版では、最初から予め攻略キャラを選んでのスタートになります。(そのせいで1章〜4章は、各キャラほぼ同じストーリーなので辛い←)

 

・一部ボイスあり

※もっとボイスを増やしたかったら要アイテム。

 

・もちろんモバイルアプリなので、BGMは無し。

 

・エンディングは、各ルート、桜END・誠END・鬼ENDの3種類。

※桜END…本家のハッピーエンドと同じらしいです(要専用アイテム)
※誠END…GREE書き下ろしノーマルエンディング。
※鬼END…本家で言うバッドエンドと同じ。本家と同じで複数あるっぽい。

 

・新選組と鬼以外は立ち絵カット。orz

※君菊、松本先生、伊東参謀、大鳥、榎本など
※でも君菊さんは某√でスチルに居たので、不思議な感じにw

 

・月イチ位の割合で、GREEオリジナルの期間限定イベントあり。

※バレンタイン、節分、お月見、チビキャライベントなど。全て書き下ろし。

 

・一応CERO(年齢制限)に関する配慮はされてるみたい?

※そのせいなのか、土方ルートでは、”あのスチル”がカット…orz

 

・随想録、ドラマCDのシナリオも配信中(ただし有料)

※課金の金額考えたら、やはり本家のゲームソフトやCDを買った方が安いかも。

 

・アイテムは課金制と無料の桜ポイントを集めて貰えるものがある。

※大抵のものは桜ポイントでゲット可能だが、課金でしか手に入らないものもある。

 

・ガラケー、スマホ両方対応。

 


 

…こんな感じでしょうか。

基本、本家のゲームソフト版と同じですが、携帯向けなので一部制限がある、といった感じですかね。

…と、言っても頑張れば無料で桜ENDまで行けちゃうんですけどね(苦笑

まぁ、ゲームソフトが買えない人向け、または、ソフト買おうか迷ってる人向けの体験版みたいな感じ?ちょっとプレイして気に入ったら、ソフト買った方が良いと思うよ、絶対。実際にGREE効果でソフト買う人増えたし。