藤堂ルート 誠END【GREE版 薄桜鬼プレイ記】#16

GREE版の薄桜鬼をやり始めたのがアプリ提供開始初日からだったので、もう10ヶ月位経つのかな?その間に各イベントをやりつつ、土方ルート誠ENDを迎え、さらにイベントの度に土方ルートに切り替えるから、鬼ENDも2個程見て、w

そんなこんなで、先日、やっとこさ、

平助くんルートの誠ENDを見る事が出来ました!!\(*^o^*)/

いやぁ、ホントに何ヶ月掛かったのかしら?

まぁ、ちょいちょいサボったり、気分屋なので、斎藤さんとか総司とか左之さんとかちー様に浮気してるせいもありますけど。w

やはり薄桜鬼はシナリオが長いから携帯向けでは無いよな…(;^_^A

 

 

ということで、以下は簡単にですが、ネタバレ感想です。

 

 

●藤堂ルート 誠END

やはりハッピーエンドは桜ENDのみ!ってことで、こちらは切ないです。

最後の戦いを終えた平助くんと千鶴は、”雪村の故郷”で暮らし始めるんだけど、すでに平助くんの身体はボロボロで・・・結果的に、千鶴は平助くんの死を看取ることになります。(´;ω;`)

そして故郷にひとり残された千鶴・・・

それでも平助くんへの想いを胸に、ひとり力強く生きる千鶴の姿に逆に励まされてしまった気がします。(´;ω;`)

まぁ、たとえ桜END(ゲーム版ハッピーエンド)だったとしても、早い段階で羅刹になった平助くんの寿命が残り少ないのは変わらないので、やっぱ、せつないんですけどね…実際に別れの場面を入れられちゃうと、ツライ・・・(´;ω;`)

 

ちなみに、私個人的に各エンディング後に関しては、、、

・土方END → 羅刹になってるので残り寿命を考えると・・・(´;ω;`)

・沖田END → 羅刹&労咳で残り寿命が・・・(´;Д;`)

・斎藤END → 羅刹だけど史実では長生きしてるし、気合いで何とかしそう(ヲイ

・藤堂END → 早い段階で羅刹になってるので一番寿命が・・・(((´;Д;`)))

・原田END → 羅刹になってないので寿命の心配は無い

・風間END → 同じ鬼一族なので、もしかしたら最良のカタチなのかも?

てな感じで考えてますので、本命は土方さんですが、左之さんルートが一番ハッピーエンドだと思ってます。子どもまで生まれちゃってますしw

(風間ルートも良いと思うんですが、新選組への想いと共に…だから、ちょっと切ないかな、と。)