DVD『アニメ薄桜鬼 第三巻』感想

グッズに気を取られてて、すっかり忘れてたけど、
ちゃんとゲットしましたよ!見ましたよ!w

今回のオーディオコメンタリーは、山南役の飛田さんと山崎役の鈴木貴征さん

てか、なにゆえこの組合せになったし??w

山崎、この巻に出て来ないっすよ?
むしろ前回の池田屋の方が山南と山崎の絡みがあるから良かったのでは?
まぁ、この組合せの理由はEDに隠されてるんだけどね。
(にしても、なにゆえこのタイミング?w)

 

でも、まさか山崎役の鈴木貴征さんが登場するとは思ってなかったので嬉しいです!
オーディオコメンタリーは攻略キャラ(もしくは幹部隊士)メインかと思ってたので…。

にしても、お二人とも、攻略キャラに嫉妬し過ぎですよ!www
飛田さん、ピー発言し過ぎです。www
楽しかったです。ありがとうございます。w

 

そして、薄桜鬼サイドストーリーを収録した特製ブックレット。
こちらも毎回、楽しみにしてるんですが、今回のは特に面白かったです。

登場するのは沖田・原田・新八の3人。

あらすじは、DVDの内容に合わせて屯所移転した直後のお話で、土方の義兄・佐藤彦五郎宛に沖田が文を書くことになったのだが、表向き死んだことになってる山南のことをどう伝えるべきか、沖田が困ってるところに原田・新八が訪れる…という話。

この3人の会話を聞いてると、本当はこっちが史実なんじゃないか!?てなくらい、本当に史実との擦り合わせが細かくて、薄桜鬼では、そういうことになってたのね、と納得してしまいました。

そして、オチがね。流石、沖田くん。期待を裏切らないよね。w
薄桜鬼の土方と沖田の関係が好きな私的には、ニヤニヤでした。

思わず、義兄に山南さんのことを聞かれて困る土方さんの図が思い浮かんでしまいましたよ。w