最終決戦へ【龍が如く3 プレイ記】#33

「十二章 野望の果て」の続き。サブストーリーをある程度片付けたら、いよいよ最終決戦の地へ!!

※以下、ネタバレ注意

とあるサブストーリーの一コマ。
そうなのよ、龍1で真島さんがやらかしちゃったのよ。
なのに桐生さんが謝ってるのが、なんか可愛いw

てか、ここは龍7の主人公・春日一番のご実家ですよね!?
イチくんがこの事実を知ったらどう思うんだろうか…

あとは伊達さんのプロポーズ大作戦を応援したり…

キャバ嬢を口説いてみたり
(一体、何人のオンナと寝てるんだ、この人はw

逆にキャバ嬢を育ててみたりした後は…

いよいよ最終決戦の地である病院へ。

白峰会構成員と戦いながら、大吾の病室を目指します。

ところで、途中で出てきた白峰会の若頭がいかにもモブって感じで残念でしたw
白峰会の若頭がこんなヤツだったなんて…

大吾の病室に辿り着くと、そこに居たのは大吾でも峯でもなく…

お前は風間さんと一緒にいたCIA…どうやら一歩遅かったようだ。

ここでCIAの男と戦闘に。

ところでお互いに英語と日本語で普通に会話してるけど、桐生さんの英語力ってどうなってるの?聞き取りはできるの??(謎

CIAの男を倒して屋上へ。
意識不明とはいえ、大吾さんが寒そうなので毛布くらいはかけてあげてほしい(苦笑

先に龍オンでイベントシナリオやキャラストを見たせいか、峯が大吾に心酔してるのは凄く伝わってくるんだけど、だからこそ、なんでこんなことしてるのかは謎なんだよね。

ゲーム中ではこうあっさり説明してるけど、この時の詳細が龍オンの限定イベントで語られてたんだよね(※プレイ記#14参照)。

峯「だから 俺は絶対に偉くなってやる 偉くなって 金を手にしてやる ということだけを考えて育った」

同じ孤児なのに、どうしてこうお互い器の違う人間になってしまったのか…。やっぱり桐生さんの場合は、風間新太郎との出会いが大きいよなァ。峯にもそういう人が居たら…少しは人生が変わっていたのかも。

(長くなるので、次回へ続く)

©SEGA