リコールセンター【Detroit: Become Human 2周目プレイ記】#25

兵士に捕まってしまったカーラとアリスは、リコールセンターへ連行されてしまう。そこは、どうせ破壊するなら一思いにやってくれ!と言いたくなるような残酷な場所でした。

 

 

 

※以下、ネタバレ注意!

 

 

 

第31話『運命の分かれ道〜リコールセンター〜』

リサイクルエリアと書かれた場所で肌機能を解除しろと言われ、着ていた服も脱ぐ羽目に。

変異体にとって、これは屈辱的なのでは・・・?
リコールセンターのシーンは、終始見ていて辛いです。

 

途中、アリスと引き離されてしまったカーラ。
アリスを探して居ると、ラルフと再会しました。

「死にたくない ラルフは死にたくない
 死ぬなんて絶対にいやだ」

ラルフ、ウルサイww
頼むから落ち着いてくれ。

 

今度はジェリーと再会しました。
ジェリーたちも全員捕まってしまったようです。

ジェリーにアリスを見かけなかったか尋ねると、他のジェリーが目撃したとの情報を教えてくれます。

 

んで、他のジェリーを探す前にルーサーと再会。

 

さらに、ズラトコの所で助けたアンドロイドとも再会。
今までに出会ったアンドロイドたち、みんなここに集結しちゃってるんだなぁ。

 

ジェリーの助けでアリスと再会できたカーラ。
次のエリアで、周りの助けを得て合流することに。

みんなだって死ぬの怖いはずなのに、みんなアリスとカーラのために犠牲になる覚悟で居てくれて、感謝すると同時に、なんかもう申し訳ないよ。

 

「でもあの子にも死んでほしくない…」

「あの子が自由になれば
 みんなを助けた気分になれるだろう」

特にラルフな・・・
自己中でウルサイだけかと思いきや(爆

彼も彼なりにアリスのことを特別に思っていて、やっぱ良い奴だったんだなぁと感動。普段は超臆病だけど、いざという時にそういう勇気を持てるラルフは、カッコいい奴だなと思いました。

 

アリスと合流後は、逃亡ルートを探します。

家族であるルーサーを犠牲にするわけにはいかないし、勇気を出してくれたラルフも犠牲にしたくないなぁと思って、ここは申し訳ないけど、ズラトコのアンドロイドに囮になってもらって、エリアを囲む有刺鉄線の向こう側を目指すのですが・・・

 

カーラだけが、逃げ遅れてしまいました。
ここまで来たら、何が何でもアリスを守るしかない!

 

うおぉぉぉぉ!!
私がQTEを失敗しなければイケる筈!!

と思ったら必死でドキドキが止まりませんでしたw

ちなみに、アリスを守ってカーラが死ぬパターンも後から見ましたが、それはそれで泣ける・・・カーラ、最期に笑顔になるんだよ。アリスが無事ならそれで良いと・・・(涙

 

初見では兵士をやっつけて3人ともトラックに乗り込むことに成功。
廃棄されたアンドロイドに紛れてリコールセンターから脱出します。

 

そして、デトロイト郊外にある埋立地に到着。
3人は無事、生き残ることができたのでした。

でも、これから3人はどうやって暮らしていくのかな。
ノースがリーダーになった時点で革命は失敗確定だし(爆

でも、どんな形であれ3人とも生存してる。
多分、それだけでも希望は残されてると信じたい。

 

 

*おまけ*

余談ですが、カーラ編の国境越えルートで、入国審査の時に誰を犠牲にするかという選択で、世界の選択を見たときにルーサー愛されてるなぁと思いました。まぁ、自分のようにルーサー不在の人も居ると思うので、その影響もあるかもですが・・・(※1周目エンディング感想記事を参照)

やはりここは、実質ジェリーか、誰も犠牲にしないの二択なのかな。

ちなみに自分は初見の時、ジェリーって誰や!?って思ってました(爆
ごめん、ジェリーよ・・・

遊園地の時とは服装が違うし、雪被ってたし、再登場するとは思ってなかったから忘れてたんだよ・・・

 

©2018 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.