春日の優しさ【龍が如く7 プレイ記】#45

サブストーリー「優しさの価値」の感想。病気の弟のために路上で募金活動をしている女の子と出会った春日は…

※以下、ネタバレ注意

【龍が如く7】春日の優しさ【サブストーリー】

春日の人柄がよく分かる、いい話系のサブストーリーです。このサブストーリーには続きがあって、後半では春日の意外な(?)一面を見ることができました。

今の春日は社長だからな。気前よく一万円を募金しましたが、ホームレス時代だったら100円も厳しかっただろうな(苦笑

弟さんの手術費用を渡してあげるために病院へ。しかし、本人は寝てるというので手紙を書き添えて置いてくることに。お金だけにしてはデカい紙袋なんだが…他に果物でも入ってるだろうか?

にしても、ここだけのために、ちゃんと病院のシーンが用意されてるのは丁寧だなァと思いました。ナンバさんの弟との感動の再会は描かれなかったのに(苦笑

この様子だと、春日は手紙で自分の名前を名乗らなかったのか…?

意外と文章がしっかりしててビックリ!(失礼w

春日もこんなちゃんとした文章かけるんだなァと感動した瞬間でした。ムショ暮らしが長かったとはいえ、もう40代だもんなァ。ちゃんとオトナなんだなァ。

ちなみにサブストーリーは良い話だったけど、この子のデリバリーヘルプは、敵から強制的に金を吸い取る演出がエグいなと思いましたw

※サブストーリー系の感想は今回で終了です。以降は、再び本編のプレイ記を更新していきます。

©SEGA