偽札造りの証拠【龍が如く7 プレイ記】#27

「第五章 流氓の男」感想の続き。馬渕に接触するため、横濱貿易公司が行なっている不正の証拠を掴もうとするのだが…

※以下、ネタバレ注意

横濱貿易公司の現場で偽札が作られてると推測した春日たち。その証拠を掴む為、偽札と思われるお札を1枚盗み出すことにしたのだが…

行く前に、ちゃんと推奨レベルを示してくれるの優しいw

今まではサブストーリーをやりながら、まったり進んでた印象ですが、ここから先は暫く自由行動ができなくなります。その分、物語もどんどん進んで行きます。

紗栄子が偽札を1枚盗み出し、それをこっそり春日に手渡す……筈だったのが、ナンバさんがドジ踏んで結局見つかってしまいます。

ここで奴らと戦闘になりますが、勇者ご一行は喧嘩なら負けません。
にしても、イチくんってたまに強引なこと言うよねw

春日たちの勝利か?と思ったその時、暴走トラックが突っ込んできました。ま、真島さんじゃないんだからサァ(滝汗

倉庫は大爆発し、ハリウット映画ばりの脱出劇に…。

その様子を遠くから、あの男が見守っている姿が映し出されて第五章は終了。六章へと続きます。

この男はハン・ジュンギですね。彼は仲間になるキャラクターですが、実際に仲間になってくれるのはもう少し先になります。

ちなみに龍6は未プレイなので、彼については最初は何とも思ってなかったんだけど、実際に仲間になってから彼の少しテンション高めな戦闘スタイル&ボイスを聞いて、ちょっと好きになりました。彼の格好良さはなんかクセになるねw

おっさんキャラも良いけど、やっぱイケメンも良いな(笑

©SEGA