個性豊かな新入社員たち【龍が如く7 プレイ記】#25

「第五章 流氓の男」感想の続き。「一番製菓」という煎餅屋の社長に就任した春日。横浜一の会社を目指してジャリンジャリン稼ぐぜぇ!!

※以下、ネタバレ注意

まずは、えりちゃんのおばあちゃんにご挨拶。早速カレシ扱いされる春日(笑)。歳がいってるとか余計なお世話じゃ!ww

ここで会社経営の説明を一通り聞いて実践へ。経営資金は所持金としては使えないけど、株主総会を開くことで役員報酬が貰えるので、ここで手っ取り早く大金を稼ぐことができるのだ。今までのホームレス→フリーター生活が嘘のようw

しかし、今のままでは赤字経営のまま。黒字にするには、まず会社の地盤を整えなければ。その為に資金援助してくれそうな人物と聞いて思い出したのが…。

序盤で出会った、胡散臭いおっさんニック・尾形!!
そうか、このための出会いだったのか。

春日の行動に感動したニックは喜んで資金援助をしてくれることに。ただし、株価ランキングで上位を目指すという条件付きで。ここから会社経営専用のサブストーリーもスタートし、過去作にあった水商売アイランドみたいにライバル会社も出てくるのですが、今回は割愛します。

んで、一通りチュートリアルが終わった直後にやったことは、まずは優秀な人材を採用すること!ということで……

伝説の極道たち(有料DLC)を雇いました!(キリッ

やべぇ、まだストーリー上、出会ってない人達なのにww
極道の天下り会社みたいになってしもうたw

龍4以降をまだプレイしていないので、何とも言えないけど真面目な人なんだろうなぁと思ってるので、この人はカタギになっても人望もありそうだし、上手くやっていけそうだよね。

巷では大誤算なんて言われてるけど、大吾さんはやれば出来る子なの知ってるから!てか何でか分からないけど、大吾さん好きなんだよねぇ。声も俳優さんがやってるけど好きなんだよ。

この方も龍5をまだプレイしていないので、何とも言えないけど今作では重要な役回りだったのでオーラを感じたよね。まさかアノ人を見つけたのがこの人だったなんて。

中卒で極道の世界に入って世間知らずだった筈なのに、気づけば過去作にていろんな職業を経験している貴重な人材。これは期待大。

そして、桐生さんに負けず劣らずの職業経験を持つ真島の兄さん。伝説のブラック企業の社長に、キャバレー&キャバクラの支配人、さらには自らキャバ嬢(!?)になるなど、経験豊富。商才があるのは確かなので、こちらも優秀な人材としては期待大だろう。

ということで、個性豊かな我が社の新入社員の紹介でした(最終的にバイトから役員になりました)。

もちろん有料DLCは無くてもクリアは可能なのですが、無課金の場合、優秀な人材をスカウトできるのは、もう少し物語が進んでからになってしまうので、有料DLCは手っ取り早く稼ぐには有効な手段です。てか、こういうのは、龍が如くオールスターで固めたくなっちゃうんだよなァw

最後に、会社経営のサブストーリーをプレイするとえりちゃんが仲間になるのですが、彼女も歌うのでカラオケ動画を貼っておきます。

©SEGA