東城会四代目の“らぶずっきゅん!”【龍が如く極2 プレイ記】#12

今回は、サブストーリーの感想を・・・てか、龍が如くってどういうゲームだったっけ??完全に公式が病気www

 

桐生のモデルデビュー?

本編を進めてる時に、水野と名乗る男性から「モデルをやってくれないか?」と声をかけられて、これは面白そうだなと思って本編クリア後(スクショ解禁)までとっておきましたw

撮影現場に連れてこられた桐生さん。今回はアートディレクターが撮影するというのだが・・・

 

速攻で帰ろうとする桐生さんwww

(前作にてバーテンダー真島に遭遇した時を思い出したわw あの時も速攻で「帰る」って言ってたなw)

何でカメラマン側がパンツ一丁で撮影するんだよw てか筋肉ムキムキになったク●ちゃんにしか見えねぇ(爆

 

ポイズン光雄「ああ!行かないでくれっ!」

桐生「なんなんだ、この胡散臭い男は……?」

三村「うちのアートディレクターのポイズン光雄です。この業界じゃあ有名なんですよ。」

桐生(嫌な予感がする……)

 

桐生ちゃんのその予感は的中してるんだけどサ、押しに弱いから結局巻き込まれちゃうんだよねw

 

え!?服を脱ぐの!?ww
てか、刺青があるんだけど・・・いいのか?(汗

ポイズン光雄「私は人間の本能や本質を撮影したいんだ。服なんて、邪魔なだけだろう?ホラ、私を見てみたまえ。」

桐生「ただの変態にしか見えないが……」

( ゚∀゚)・∵ブハッ!!

 

結局やる羽目になってるし、相手も刺青は気にしてないらしい。w

この世界の住人ってヤクザ慣れしてるのか、刺青を華麗にスルーするよね。私的に刺青といえば、その筋の人か、遠山の金さんのイメージしかないから、普通はビビると思うんだけど…。それともアレか、あえて触れないようにしてるのか?確かに刺青があったからと言って、面と向かって、極道の方ですか?なんて聞けないもんなァ…(汗

 

先ほどは指示通りにポーズを取っていましたが、今度はお題を出されました。

 

これは、下は普通すぎるから上を選ぶしかないだろうwww

 

ポイズン光雄「オーマイガー…… そういうことか…… 残念だけどただの女豹にしか見えないな。」

女豹www

もう〜!四代目何してんの!?ww
背中の龍に哀愁が漂ってるよ…

 

改めて、強い男のポーズを実行。

 

お前はいいから撮れよww
撮影が終わらねーだろ!ww

 

これも上を選ぶしかないだろうwww

 

キュンッ!じゃねーよww

てか、桐生さん、どこでそんなこと覚えてきたの?ww
背中の龍が泣いてるよ…

何だかもう、アートというものが分からなくなってきたw

 

*・*・*

 

ポイズン光雄「おかげさまで世界コンクールに出す良い作品ができたよ。」

な、何!?世界コンクール…だ、と!?

ポイズン光雄「あれ?スカウトの水野から聞いていなかったかい?今日撮った写真は、ボクの新作として世界中のメディアにばら撒く予定なんだ。」

な、なんだってー!?それは困るww

だって桐生ちゃんは元極道という立場上、表の舞台に出ちゃいけない人でしょ?というか、東城会四代目がこんなことしてるのバレたら、東城会の威厳が…!!ww

ということで、結局、今回も相手をボコる羽目に…。

 

桐生「お前らが目指しているアートってのは……そんな悲しいもんなのか?」

 

このサブストーリー、完全に公式が病気の状態から、最後はよく綺麗にまとめたなと思うよww

 

 

【サブストーリー】桐生のモデルデビュー?

動画で見たい方はコチラからどうぞ。

©SEGA

シェアする