主人公とパートナー【HEAVY RAIN プレイ記】#8

今回は、マディソンとイーサンの出会いから、スコットにパートナーが出来るまで。

 

 

※以下、ネタバレ注意!

 

 

出会い

マディソンは不眠症対策のため、モーテルにやってきたのですが、そこで、怪我をしたイーサンと遭遇。

そうだよな、あんな大事故の後だもの。イーサンが無事なままで居られるはずがない。マディソンはイーサンを部屋まで連れて行き、怪我の手当てをしてあげることに。この出会いをきっかけに、彼女も折り紙殺人事件に、関わっていくことになるんだろうか。今のところ、事件との直接的な関わりは無いからなぁ。

 

マディソンが部屋を去ると、イーサンは次の折り紙に書かれた指示を確認。

『息子を救うために命を懸けられるか?
 エンバーカデロ・ストリートの古い発電所へ行け』

次は発電所か・・・一体何をさせる気なんだ?(ゴクリ

ショーンに残された時間は少ない。休む間も無く、怪我をした身体のまま、イーサンは発電所へ向かうことに。

 

コーダ

場面変わって、次はノーマンとブレイク警部補。

ブレイク「なぜ撃たなかった?」

前回のこと、まだ言ってんのかよ!?w

ブレイク
「判断する時間なんて一瞬だ
 ヤツが俺を殺すことだってできたんだぞ」

ブレイク警部補メンドクサイなぁw
ってことで、ここは皮肉っておきました。

ノーマン
「あぁ 悪いな 僕はてっきり
 あなたは百戦錬磨のタフな刑事だと思ってたんでね
 あれくらいどうってことないだろ」

ブレイク
「もうお役所に帰ったらどうだ ノーマン」

 

この二人、ずっとこんな感じなんだろうか?
先が思いやられるなぁw

 

二人は次の被疑者の元へ行き、相手を尋問しようとしますが、逃げられてしまいます。急いで追いかけるノーマン。そして突然のQTE発動。こういうQTEは、ハラハラするけど楽しいなぁ。この作品は、QTEにも力が入ってるから、ゲームとして面白いんだよね。ドラマや映画では体験できない面白さが、アドベンチャーゲームにはある。

 

ブレイク
「今度こそ 折り紙殺人鬼をつかまえたみたいだな」

格闘の末、なんとか相手を捕まえることに成功したけど、多分、この人は犯人ではないと思いますよ、警部補。。。

 

訪問者

一方、私立探偵スコットの元に、一番最初に会った被害者家族のローレンが訪ねてきました。事件について思い出したことがあるのだと・・・。

ローレン
「ジョニーがいなくなった日の朝に 手紙が届いたの」

それ、イーサンの元にも届いてたヤツ〜!

ローレン
「ジョニーの父親宛だったわ
 中身はわからないけど
 封筒を開けてすぐに出て行った
 彼とはそれっきりよ・・・」

ジョニーの父親も失踪したままなのか。orz
イーサンも同じ運命を辿らないと良いけど・・・

って、それは私次第か(汗

ローレンは、その手紙の封筒をとっておいたと言い、これを渡すかわりに自分も調査に連れて行って欲しいと、スコットに頼みます。

 

「手伝わせてくれないなら 封筒はあげないわ どうするの?」

ローレンの熱意に負けたスコットは、彼女をパートナーとして、迎え入れることにしたのでした。

 

ここで新コンビ誕生。
果たして、二人は捜査の末、犯人に辿りつくことが出来るのだろうか?

 

©2016 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.