良心の呵責【HEAVY RAIN プレイ記】#13

息子のために、あえてしないという選択。
この選択が最悪な結果を招いたとしても・・・多分、後悔はしない。

 

 

※以下、ネタバレ注意!

 

 

試練-サメ

『息子のために誰かを殺すことは出来るか?』

そう言われてターゲットの元にやってきたイーサン。本当に殺らなきゃダメ?でも、引き返す選択肢が出ないからなぁ。とりあえずドアをノックすると男性が出て来ました。

「薬がほしけりゃな 来る前に電話してくれよ」

なんだ、コイツ。売人なのか。一瞬、売人なら殺ってもイイか?と思ったけどw やっぱ殺人だけはダメだッ!(;`Д´)ショーンが戻ってきた時、お父さんが殺人犯になっていたら悲しいじゃない。それにショーンを殺人犯の息子にしたくない。

 

しかし、私の意思とは無関係に、銃を向けちゃった〜!(汗

 

と、思ったら相手も銃を取り出してきたぁーー!!

うおぉぉん!こっちの命が危ないッ!
必死でQTEをこなすワタクシw

 

逃げ回った結果、相手が弾切れを起こして形勢逆転。
さぁ、どーする?イーサン。

「クスリが欲しいのか? 殺さないでくれ ガキがいるんだ」

何?こんなクズでも父親だったのか。てか、元々殺す気はないよ・・・銃をしまおう。

イーサン「俺にも子供がいる 俺は人殺しじゃない」

イーサンは、相手を銃で殴って気絶させると部屋を去って行きました。

 

あぁ、当たり前だけど、試練達成できなかったから報酬が手に入らなかった。

ショーンは果たして無事なんだろうか?
ショーンの元に無事、辿り着けるんだろうか?

この選択が、ショーンの運命に、どう影響するんだろう・・・怖い。

 

ドク

一方、マディソンは独自に事件を調査しており、イーサンが指を切断したアパートのオーナーの元へやってきました。

マディソン
「こんにちは 睡眠薬がもらえるって聞いたんだけど・・・ 処方箋なしで」

マディソンは不眠症だからね。嘘はついてないよね。

 

中に入れてもらうと、早速・・・

「わしは飲み物を用意するが君は?」

いや、結構です。
毒でも入ってそうだし。

「まあいい 初めての取引に乾杯しよう」

いや、だから要らないって言ってるでしょーがッ!w

 

絶対、何か入れてるよ〜。
絶対、飲まないよ〜。w

んで、飲まずに適当に会話した後・・・

「飲まないのかね?」

そんなに飲ませたいのかよ。
怪しすぎるわ!w

マディソン
「あの・・・あまりのどは渇いてないの」

うん、そーなの。

「処方箋をやろう すぐ戻る 待ってて」

ここで、爺さんが席を外した隙に、探索開始。

 

部屋の中で、何か書かれた紙を発見。マディソンがポッケにしまったので、収穫はこれで良いのかな。

 

んで、爺さんを待った方が良いのか、立ち去った方が良いのか迷ったけど、この家、怪しすぎるので立ち去りました。だって怖いんだもんww

まぁ、収穫はあったわけだし、これで良いよね。危険なことはイーサン編で充分だって。

 

©2016 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.