レオナルド編クリア後感想【サガスカ 緋色の野望 プレイ記】#2

レオナルド

ワルだけど義理人情に厚いタイプ。

実際にプレイしてみて、とても好きなタイプでした。
ボイスもカッコ良いし!///
特に仲間が倒されてしまった時の台詞が凄くイイ。

 

最近はサガスカになかなか触れず、前回のプレイ記から間が空いてしまったけど、やっとこさレオナルド編をクリアしたので、簡単なあらすじと感想を書きたいと思います。

 

 

あらすじ

レオナルドの元に謎の女性が現れます。彼女は「アイ・ハヌム」へ行き「緋の欠片」を沈めて欲しいと言い出し、そのまま倒れてしまいます。

レオナルドは、衰弱してしまった謎の女性を町医者のドクに任せ、自らアイ・ハヌムに行くことを決意します。

・・・が、アイ・ハヌムとは、お伽話の中に出てくる架空の場所でした。アイ・ハヌムは本当に実在するのだろうか?

 

伝説の場所を求めて、レオナルドは仲間たちと共に世界へと旅立ちます。

 

 

レオナルド編チャートについて

レオナルド編は他の主人公ルートと違って、必須イベントが少なく、もっとも自由度の高いルートになっています。

その為、私の場合は攻略サイトも見ずに進めた結果、ガンガン進めてしまい、期間限定で仲間にできるキャラを数人スルーしてしまいました。orz

 

気づいた時には、時すでに遅し。その結果、本来、主人公キャラは全員仲間にできるのに、私が仲間にした主人公キャラはバルマンテのみでした。orz

ちなみにバルマンテは個人的にお気に入りで、かぶと割りで防御力を下げてもらう戦法で、終始活躍してもらいました。が、斧ってミスりやすいんだよね・・・バルマンテが主人公のルートをプレイする時は、武器を変えようと思う。うん。

 

ま、そんなこんなで、序盤と後半に仲間になるキャラ中心で進めていき、共通シナリオの『緋の欠片』集めのイベントを中心に攻略していったのですが、それも段々、どこの緋の欠片を手に入れて、残りがどこなのかも分からなくなってきたので(爆)、さっさとラスボスを倒しに行くことにしましたw

 

 

 

 

※以下、ネタバレ注意

 

 

 

 

ラスボス戦

アイ・ハヌムに辿り着いたレオナルドは、女性に言われた通り「緋の欠片」を沈めるのですが、ここで、どの「緋の欠片」を沈めるかの選択肢。

「女から預かった石」「自分が握って産まれてきた石」「その他の石」を選ぶと、1戦ごとのバトルになるのですが、「めんどくせぇ、全部だ」を選ぶと連戦になります。

 

更に、次の選択肢で「強い敵が出ませんように」を選ぶと、ラスボス・ファイアブリンガーの強さが某狩りゲーの「ネコの弱いの来い!」状態になりますw

逆に「レオといつまでも一緒にいられますように」を選ぶと強いラスボスになります。

 

ちなみにラスボスの強さは最弱・普通・最強の3段階あるらしい。自分はさっさとクリアしたかったので、「女から預かった石」→「強い敵が出ませんように」を選びましたw

 

弱いと言っても流石ラスボス。
一筋縄ではいかず、何度もやり直す羽目に・・・。

 

1戦目のファイアブリンガーはかなり素早く、シャムスの陰影(電属性全体ダメージ+スタン)により初見殺しで全滅。何とかしてファイアブリンガーよりも先に行動しなければならないため、陣形から見直して挑んだら何とか勝てました。

 

2戦目のファイアブリンガーも、これまた苦戦。突属性と斬属性に反応するインタラプト技が厄介だったので、試行錯誤した結果、体術で攻める作戦に。

と言っても、まともに体術を覚えてるのはジェロームだけなんだが(汗)オーヴィルは加入したばかりだったので、あまり技を覚えてないのよ(苦笑

体術は便利な技や強い技が多いので、他にも体術が使えるキャラを育てておけば、もう少しラクに勝てたかもなァと、ちと後悔。

 

3戦目のファイアブリンガーは、2戦目よりは戦い易かったカモ。今度は打属性に反応するインタラプト技があるので、打属性の攻撃技を封印。お供が使う「みがわり」も厄介なので、弓で解除してから攻めるという作戦を繰り返して何とか勝利しました。

 

ノープランで行くと呆気なく全滅してしまうけど、陣形や技・行動順を上手く活かしながら戦うことで、難易度がグッと下がった気がします。が、弱ラスボスでも充分強かったヨ?

弱ラスボスでも苦労したので、最強のファイアブリンガーには勝てる気が全くしない(苦笑)よって、最強のファイアブリンガーに挑む気はナイ!w

 

 

エンディング

レオナルド編のエンディングは2種類。最後の選択肢で分岐するのですが、自分はネコの弱いの来い!にしてしまったので(爆)、複雑な結末に・・・。

 

故郷に戻ると、なんと、行き倒れた謎の女性サーシャは町医者ドクと結婚していました。い、いつのまにそんな仲に!?さらにサーシャは、緋の欠片に関する記憶を全て失っていました。結局、ドクにお嫁さんがやってきた、というだけのお話にw

 

幼馴染であり、仲間でもある良家の令嬢エリザベートは、勝手に旅に付いて行った罰として、父親から外出禁止令が出されていたようです。

レオナルドに会いたかったエリザベートは、他の男性と結婚しろという父親からの条件を承諾。レオナルドと再会を果たしますが、それは二人の別れでもありました。

一緒に旅をしながらエリザベートがレオナルドのことを好きだという気持ちはずっと感じていたので、他の男の元へ嫁ぐことになってしまった結末に消化不良を起こしました(苦笑

 

 

総評

最後までプレイしてみて思ったことは、自由度の高すぎるRPGは、自分向いてないなァと(苦笑)最初は面白くても、やりこみ要素メインの終盤になってくると飽きてきちゃうんだよね。他の主人公はシナリオがしっかりあるみたいなので、そっちの方が向いていたかもなァと。

ということで、他の主人公ルートもプレイしたいところなんですが・・・他にもやりたいゲームがいっぱいあるので、また、空いた時間が出来たらプレイしようかな、と思います。

 

ちなみに総プレイ時間は、33時間44分でした。

 

© 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI
当該作品の転載・配布は禁止いたします。